異世界拷問姫7 /綾里けいし

異世界拷問姫7 (MF文庫J)
異世界拷問姫7 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
新章スタート。
毎度の如く「これ以上悪くなることってあるの!?」と悲鳴をあげるダークファンタジーですが、今回はまた趣向を変えてきた感じ。
続きが楽しみですが、どうぞ、お手柔らかに・・・(期待薄)

☆あらすじ☆
いつか遠い遠い昔の御話と、呼ばれるかどうかもわからない醜悪な物語。
終焉を超えたはずの世界に、何の前触れもなく異世界からの【転生者】にして【異世界拷問姫】を名乗る禁断の存在――アリス・キャロルが現れる。
彼女は【お父様】のルイスと共にエリザベートに苛烈な選択を突きつける――
「会わせてあげる、エリザベート! この私が会わせてあげるの大事な人に!」
綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー第七弾。
誰かの物語が終わったところで続くものはある。
かくして、新たな舞台の幕は上がる――演者達が、望むか否かに拘わらず。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫7 /綾里けいし