元の世界に帰るための奮闘を描く異世界トリップ 『帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります』/真弓りの


帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)
帰れない聖女は絶対にあきらめない! 異世界でムリヤリ結婚させられそうなので逃げ切ります【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
異世界から召喚され、お役目も全うしたのに、「帰れないからこの世界で結婚しろ」と理不尽を突きつけられた元OLな聖女の物語。
とても胸クソな設定ですが、「帰してくれないなら自分で帰るわ!」とキレながら帰還方法を探す旅にでるヒロインの不屈の精神のおかげで楽しく読めました。
ちなみに1冊で綺麗に終わっています。ただ、色々と駆け足でキャラも掘り下げきれていない感じが気になりました。

☆あらすじ☆
聖女としての役目を終えたら絶対結婚――!? そんなのムリです!
光の聖女として異世界にトリップしたキッカ。魔を浄化する長い旅を終え、やっと元の世界に帰れると思ったのに、待ち受けていたのは旅をともにしたパーティのうちの誰かと結婚しろという命令で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

順風満帆な会社員生活を送っていたのに突如異世界に召喚され、聖女として浄化の旅に追いやられたキッカ
2年かけてお役目を果たし、ようやく元の世界に帰れる!と喜んだ彼女を待っていたのは「元の世界に還す方法は伝わっていない」「旅のメンバーの誰かと結婚せよ」という嘘つきたちの図々しい要求だった。
これに怒ったリッカは帰還の方法を探すべく、王城から逃げだして一人で手がかりを求める旅に出ることになりーー というお話。

 

めちゃくちゃ帰りたがってるヒロインの異世界召喚ものです。
手がかりを集めながら帰還方法を探す話なのだけど、そのへんは「賢者」登場によって思ったよりもサクサクと展開していく感じ。
封じられた魔王を復活させても元の世界に帰りたいのか?という、やりようによっては重い話になりそうな設定ではあるものの、特に読者にストレスをかけるような話にはならず、爽快&軽快に話が進んでいきました。
そのぶん読みやすくはあったけれど、読み応えという点ではやや不満です。私の趣味的には自分の望みと世界の平和を天秤にかけるような話は、こう、もっとエモく悩んでほしかったというか・・・!

 

もっとも全くストレスフリーな話というわけではなく、特に王侯貴族の言動が大変に不愉快。
いやだって酷いでしょ、こいつら。そりゃ異世界召喚モノってほとんどが異世界拉致モノだけどさ。
しかも結婚強要の理由もひどい。あまりの悪どさにドン引きだったぶん、リッカの「トップブリーダーか」発言には笑いました(彼女のこういうサバサバした性格好きだなぁ)

 

イライラさせる筆頭格といえばクルクル金髪巻き毛。
彼はねぇ・・・・・・ダメなツンデレの権化みたいな男でしたね・・・・・・そりゃ名前も呼んでもらえんだろうよ。
「守って貰った覚え、ないんですけど」は流石に少し不憫に感じたんですけどね。
うーん、私は結構こういう不器用なキャラは好きになるのになぁ。クルクルは全然無理だったなぁ。
作中でのフォローが足りないし、結局最後まで良いところがなかったし。
まぁ彼は敵キャラなので仕方ないのでしょうけど、そもそも元仲間の敵サイドはどうも掘描写不足が気になるんですよね。ルッカスとグレオスとかほぼほぼ空気でしたし。

 

そのぶんメインヒーローのアルバが目立っていたかというと、・・・・・・どうだろ?
アルバって活躍も出番も多いのに、妙に印象が薄い気がするんですよね。キャラが薄いともいうべきか。
なんとなく私のなかでアルバって「他のライバルをうまく出し抜いてキッカの関心を独占できるポジションを手に入れた男」という、ちょっとどうしようもないイメージが・・・・・・いや、彼はそのつもりなかったんだろうけど・・・・・・

 

とはいえキッカとアルバのロマンスは悪くなかったです。
え、ほんとに連れて還っちゃうんだ〜!とびっくりしたけれど笑
帰還エンドで恋人を連れて帰る話ってありそうで意外とない気がするんですけど、私が知らないだけで他にもたくさんあるのかな?連れて還った後がなかなか大変そう。
というかアルバどころか皆様一緒に連れ立って帰還って・・・!
ハヤトさん、めちゃくちゃびっくりしそうだなぁ。

日本帰還後にどんな生活をするのか、そっちの方が気になる結末でした。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。