世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
天空国家から派遣された二人組の調査官が、広大な世界を旅しながら未知を解き明かす『世界の果てのランダム・ウォーカー』の続編。第2巻です。
今回も様々な文化や文明や不思議を抱えた場所が登場し、作風の多彩さにワクワクする1冊でした。
短編形式も面白いのだけど、この作家さんの長編作品も読んでみたいなぁ。

☆あらすじ☆
凸凹調査官コンビが遭遇する、新たな世界の謎とは。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
調査官であるヨキとシュカが今回向かった先は、水上都市グランナーレ。音楽に愛されたこの街で、今宵世にも奇妙な音楽会が開かれるという。曰く、音楽会に参加すると、己の求める死者と邂逅する事ができるというのだが――。
ほか、春が来ない里、物理法則が乱れた学術都市など、五つの謎を巡る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽