2018年10月の読書記録と面白かったラノベ7選

11月になりました。
めちゃくちゃな気温差にやられて体調を崩していました。
体温調節が下手くそなので、この時期ほんと困ります。

さて、先月の読書記録はこちら。

10月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:7743
ナイス数:480

最近土日が忙しくて微妙な冊数になってしまいました。今月もあまり読めない気がして悲しみ。

 

そんな10月の面白かったラノベ第1位は『東京レイヴンズ』の最新刊。

このラノ2018の投票期間に間に合わなかったことが悔やまれます。
来年は絶対に投票する!それくらい面白さが神がかっていた!

 

今月は東京レイヴンズ以外にも当ブログ的最高評価である★5を付けた作品が2作。

 

ひとつは「かくりよの宿飯」シリーズの最新刊。
最終巻目前の伏線回収回が面白くないはずがなく、胸熱と胸キュンの連続で最高でした。

 

もうひとつは斜線堂有紀さんの新作『私が大好きな小説家を殺すまで』。
鮮烈な冒頭に奪われた心を、丁寧にじっくりとすり潰される愛憎と殺意と信仰の物語です。
書けなくなった天才小説家と、彼の小説を愛した少女。二人の強すぎる感情にとても翻弄されるのだけど、本当に本当にしんどくなるので読むときはコンディションに要注意。

 

その他、10月の新作で面白かったのはこのあたり。
まずは大澤めぐみさんの新作ファンタジー。世界を敵に回した、ある姉弟の物語です。とても魔女的なお話。

 

三川みりさんの新作和風料理もの。「一華後宮料理帖」シリーズのスピンオフ作品です。同作を知らなくてもOK。
ファザコン少年の成長と、少年同士の友情を描いた作品。

 

石田リンネさんの新作おにロリ中華ミステリー。「茉莉花官吏伝」のスピンオフですが同作を知らなくてもOK。
今まで読んだ石田リンネ作品のなかで、1巻だけを見れば一番好きなお話でした。幼いけれど聡明で一途なヒロインがとても魅力的。

 

江本マシメサさんの新作。草原の民の日常を描いた異国結婚物語です。
トルコをモチーフとする世界観が丁寧に構築されており、ファンタジー要素も良い塩梅。
不遇な羊飼いの少女が調停者の優しい青年と出会い、彼との生活のなかで本来のタフな心を取り戻していく、というラブストーリーも素敵でした。

 

以下、10月に読んだ全作品の感想メモです。

続きを読む 2018年10月の読書記録と面白かったラノベ7選