茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
絶対的な記憶力を持つ天才少女の立身出世ファンタジー第4弾。
茉莉花の能力の長短どちらも掘り下げつつ、その両面から彼女の成長を描いていくところが本当に面白いシリーズです。
そして赤奏国編が今回でクライマックス。こちらも素晴らしい盛り上がりでした。
でも落ち着く間もなくこの引きはずるい!続きはよ!

☆あらすじ☆
赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。
一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。
戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ