神に食を捧げる美味宮候補となった少年の成長を描く和風ファンタジー 『双花斎宮料理帖』/三川みり

双花斎宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)
双花斎宮料理帖 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
「一華後宮料理帖」のスピンオフ作品であり、同作を知らずとも楽しめる新作です。
時系列は「一華」の1年前。そして舞台は「一華」主人公の母国である和国。
神と斎王に食事を作る「美味宮」の候補に選ばれながらも出世の足がかりとしか考えていなかった少年が、修行で失敗したり食を通して人との関わりを見つめ直すうちに、やがて自分の居場所を見つけ出す成長物語となっています。
連作短編形式で綴られており、主人公や斎宮寮の優しい人々が織りなす人間ドラマがみどころ。
決して派手なお話ではないのだけど、じんわりと心に残るような丁寧な作品だったと思います。
これもシリーズ化するといいな。期待しています!

☆あらすじ☆
「食」を通じて少年たちは結び合う。「一華後宮料理帖」に連なる新作登場!
「おいしい」と笑ってくれたら――それが、私の居場所。
父が流罪となり、元服できずにいた真佐智。ある日、当代が異国に嫁ぐため一年後に空位となる、美味宮候補に選ばれる。神に食事を捧げるだけの閑職と知って都へ戻る決意をするも、料理経験のない真佐智は失敗ばかり。そんな中、世話係となった炊部の少年・奈津から「なぜ、美味宮になりたいんだ」と覚悟を問われ……!?
「食」で結び合う少年たちの和風ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神に食を捧げる美味宮候補となった少年の成長を描く和風ファンタジー 『双花斎宮料理帖』/三川みり