覇剣の皇姫アルティーナ14/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
平和を目指すアルティーナたちが、南のヒスパーニア帝国へと侵攻する第14巻。
今回も安定した面白さでした。個人的には新キャラの父娘がとても好きです。

☆あらすじ☆
――ヒスパーニア帝国を征服せよ。
無能や背信の指揮官に足を引っ張られつつも、軍師レジスの策により、アルティーナはエルトリア教国を降伏せしめた。
しかし、元帥となった彼女に帰還は許されない。新皇帝ラトレイユからの勅命が下る。
『ヒスパーニア帝国を征服せよ』
命令には不服ながらも、第四軍は隣国へと侵攻した。大砲と小銃で圧倒するも、敵国には””神の子””と謳われし軍師がおり……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー、第十四弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ14/むらさきゆきや