最低で優しい妓楼の男を描く中華小説『女衒屋グエン』/日向夏


女衒屋グエン (星海社FICTIONS)
女衒屋グエン (星海社FICTIONS)

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
「薬屋のひとりごと」(ヒーロー文庫)の日向夏さんの最新作。
浮世離れした美しい箱庭であり、常に憂いが漂う妓女たちの世界・妓楼。
そんな妓楼を統べる美しい女と、顔の半分を隠した隻眼の下働き。そして冴えない人買いの男。
妓楼に住み続ける彼らは、様々な妓女たちを美しく育てあげ、やがて彼女たちを見送っていくのです。
見送る彼らの胸に宿るのは、果たしてどのような思いなのか。
秘密を抱えた最低で優しい男の物語に、そして、傷を抱えながらも凛とした聡明な女の物語に、最後まで心を奪われてしまいました。
とても面白かったです!

☆あらすじ☆
今宵も妓館・『太白楼(たいはくろう)』は眠らない。とある花街のとある一角、遊女たちは春をひさいで生きていた。
生娘のまま女盛りを過ぎてしまった静蕾(ジンレイ)、勝ち気で反抗的な万姫(ワンジェン)、別れた男に囚われ続ける思思(スースー)……。そして西施(シーシー)、この世界を統べるうつくしい主。冴えない女買いの男・虞淵(グエン)と下働きの醜い少女・翡(フェイ)を従える彼女もまた、大きな秘密を抱えていた。そんなある日、都から届いた一通の文が妓館の運命を揺るがしていく。偽りだらけのこの街で、本当の幸せとはいったい何か?
遥か古都の遊郭を舞台に綴られる、儚い色里模様の幕が上がる。
『薬屋のひとりごと』日向夏 ×『おしえて! ギャル子ちゃん』鈴木健也が描く、新たな中華小説の誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の舞台となるのは、お堀の中にある高級妓楼・太白楼
人買いの男衆・虞淵に買われ妓女となった女たちは、高級な遊女となるべく楼主・西施によって教養を与えられ磨き抜かれていく。
いつか良い旦那に身請けされることを幸せとする苦界の女たちを見つめるのは、顔の半分を火傷に覆われた隻眼の下働き・
物語は、主に翡を語り手として、太白楼の妓女たちの様々なドラマを連作短編的に紡いでいきます。

 

遊女の物語ということで割と身構えて読んだ本作。
華やかであっても影の強い世界で生きる妓女の物語は、その悲劇性に思わず魅入られてしまいつつ後味が悪いことも多くて・・・・・・
読むと面白いからついつい選んでしまうけれど、話の傾向自体は割と苦手だったりするんですよね。私の中では後宮小説と同じような位置づけ。

 

その点、本作は構えていたほどは悲劇性が強くなく、そこが少し意外でした。

それはきっと「太白楼」が妓女に優しい世界だから。

太白楼は他の妓楼よりも妓女に優しいと作中で何度も言われるように、そこで生きる妓女達は厳しくも温情のある箱庭で過ごすのです。
もちろん苦界であるからには多かれ少なかれ苦しみを抱えているのだけど、その性根が腐りきることはない(一部例外はいるが)

自分に自信がなかった静蕾が妓女として鍛えられ誇りを取り戻すように。
我が身の不幸を嘆いてばかりだった思思が過去と決別し威勢の良い啖呵を切ったように。
舌っ足らずの幼い子供だった一琳が世慣れした妓館の女として振る舞い兄を守ったように。

彼女たちは「太白楼」だからこそ最高の女として逞しく成長できたのでしょう。
鬱屈しすぎないんですよね、太白楼という場所は。
そして、太白楼をそういう場所にするために労を惜しまなかったのが西施たちなのです。

 

とはいえ、西施がやっていることは、女を育て、女を売り、その金で食い扶持を得るというもの。
日本では亡八というんでしたっけ。
妓女たちに細やかな優しさを注ぎ、去っていく彼女たちの存在を刻みつけるかのように背に入れ墨を施していく姿は、徳を忘れたとは到底思えないけれど・・・・・・
でも良心と現実の間で揺れる、西施の物憂げな不器用さがまた魅力的なんです。こういうキャラに弱いんだよなー、私。

 

そんな西施を近くで見守り続ける翡。
常に裏方に徹していた彼女が「最低で最高の女」という形で花開くクライマックスはとても胸が熱くなりました。
あのシーンは挿絵も迫力があって良い。
華々しくも毒々しい色使いに目を引きつけられてしまうところ、内容とイラストがぴったり過ぎて感動しました。
ううむ、このイラスト、最初は「派手だな〜」くらいに思っていたのに内容を読んだ後では味わい深くなるのがすごい。

 

さて、この感想で私はずっと「西施」と書いてきたのですがこれは「女衒屋グエン」の物語。
虞淵が抱えてきた秘密と翡の素性が徐々に明らかになり、クライマックスで繋がっていくストーリーはとても面白かったです。
物語の随所に散りばめられた伏線をラストで一気に回収していく構成の妙技。さすが日向夏さんです。綺麗に謎が解けていくのでスッキリしました。

 

全ての謎を解き明かし、最低で最高の妓女がみせた一世一代の晴れ舞台。
めちゃくちゃ気持ちが盛り上がったし、ラストの余韻の残し方がまた好きな雰囲気。私はもちろんハピエンだと信じてます!

良い中華小説でした。
日向夏さんの次回作も楽しみに待っています。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。