少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)
私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年10月刊。
凄い・・・・・・凄い物語でした・・・・・・
居場所を失った少女と、スランプに苦しむ天才小説家。
彼との出会いによって彼女は確かに救われたはずなのに、彼女と彼の世界は緩やかに崩壊へと向かっていくのです。
作中を埋め尽くすのは二人が交わす憧憬と失望、愛情と憎悪、そして殺意と祈り。
途方もなく大きく、割り切れないほど複雑で、底が見えないほど深い感情のうねりに目眩がしました。
読んでる間はひたすら息苦しく、終盤はもはや意識が朦朧としていました。
そして読み終わった今はこんなにも辛い。とても苦手なお話なのに、どうしようもなく囚われてしまう。
改めて、本当に凄い物語でした。

☆あらすじ☆
突如失踪した人気小説家・遥川悠真。その背景には、彼が今まで誰にも明かさなかった少女の存在があった。
遥川悠真の小説を愛する少女・幕居梓は、偶然彼に命を救われたことから奇妙な共生関係を結ぶことになる。しかし、遥川が小説を書けなくなったことで事態は一変する。梓は遥川を救う為に彼のゴーストライターになることを決意するが――。
才能を失った天才小説家と彼を救いたかった少女、そして迎える衝撃のラスト!
なぜ梓は最愛の小説家を殺さなければならなかったのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

自然の中に生きる草原の民の日常を描く遊牧ファンタジー『遊牧少女を花嫁に』/江本マシメサ

遊牧少女を花嫁に (PASH! ブックス)
遊牧少女を花嫁に (PASH! ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
江本マシメサ作品といえば、厳しい北国での新婚生活をあたたかく描いた『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(宝島社)が私の大のお気に入り。
見知らぬ異国のお話なのに、どこか人の営みの原風景を感じてノスタルジーに浸れる良い作品なのです。
現代社会に生きる私からすれば厳しく感じる日々の生活を、手を取り合って仲良く過ごす新婚夫婦の姿に心がときめくところも好き。あれは名作なので是非たくさんの人に知られてほしい。ちなみにコミカライズが最近発売したばかりです。

 

そして本作は、そんな『北欧貴族』を描いた江本さんの本領発揮を感じる新作異国婚姻譚。
トルコの文化と遊牧民の暮らしをモチーフとした遊牧ファンタジーです。
『北欧貴族』と舞台は異なるのだけど、こちらもノスタルジックな心境を気持ちよく感じながら異国情緒を堪能できる良い作品でした。
遊牧民の文化や風習が丁寧に描かれており、優しくて温かい人々に癒やされながら自然と物語に没入できました。
「精霊から与えられる加護」というファンタジー設定がまた程よい味付け。
不遇な羊飼いの少女が調停者の青年と出会い、少しずつ「心」を取り戻していく―― というラブストーリーも素敵でした。ふたりの初々しい距離感がたまりません。
たぶんシリーズものですよね? 続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
江本マシメサ 異国恋愛物語・最新作!
“調停者”の青年と羊飼いの少女。新婚夫婦が紡ぐ、甘くて優しい遊牧ファンタジー
風の精霊の加護を受ける“調停者”一族「ユルドゥス」の青年・リュザールは、都からの帰路、羊飼いの少女・アユと出会う。ワケありな彼女を見かね、一族の遊牧地に連れ帰ると、なんとそのまま二人は結婚することとなり、思いがけない新婚生活がスタート。
乳製品を作り、絨毯を織り、料理に洗濯…大忙しでも賑やかな遊牧生活。
故郷では虐げられ生きてきたアユは、ユルドゥスの文化に戸惑いながらも、リュザールとの暮らしのなかで、次第に生きる希望を見出していく光を取り戻していく――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 自然の中に生きる草原の民の日常を描く遊牧ファンタジー『遊牧少女を花嫁に』/江本マシメサ

東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
お久しぶりの新刊。
私にしては珍しく前巻を再読してから臨んだのだけど、ちゃんと準備して読んで本当に良かった。
在りし日の夜光と飛車丸を描いた過去編のクライマックス。中盤以降はボロボロ泣きながら読みました。
やはり東京レイヴンズは最高だった。どれだけの乙種をこの物語に込めていたのか。
そしてあざの先生の幼馴染属性はガチだと思いました。ここに至高の幼馴染が誕生した・・・!

☆あらすじ☆
お待ちしています。幾瀬、幾年の彼方で――
土御門夜光と相馬佐月。陰陽の道を歩む二人の運命的な出会いにより、呪術は黄金時代を迎えた。けれど無情にも『その時』は確実に近づいてくる。敗戦の色濃くなる帝都で、夜光が、そして飛車丸が下す決断は……。

以下、ネタバレありの感想です。興奮してます。ご了承ください。

続きを読む 東京レイヴンズ16 [Re]incarnation /あざの耕平

簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)
十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
『茉莉花官吏伝』に登場した赤奏国の皇帝夫妻を主人公とするスピンオフ作品。
『茉莉花』を知らなくても楽しめる新作で、簒奪に居合わせたことから皇后になった少女が、皇帝から夜ごと与えられる問いの答えを探していく物語です。
予想外にミステリーとして読み応えのある作品でした。
なにより良かったのは探偵役の莉杏がすごく魅力的だったこと。
幼くも聡明で一途なヒロインが、宮中に起こる謎を解き明かすなかで「皇后」としての素質を光らせるストーリーに心が躍りました。
是非シリーズ化してほしいです。この夫婦のこれからをもっと見たい!

☆あらすじ☆
十三歳の誕生日、赤奏国の皇帝に後宮入りを願い出た莉杏。
ところが謁見の間にいたのは、《正規の手段》で帝位を簒奪し、新たな皇帝となった暁月だった!
莉杏は「ちょうどいい」と皇后にされるが、一緒に寝始めても湯たんぽ代わりのまるで子供扱い。
それでも莉杏が眠れるようにと、暁月は毎夜問題を出してくれて!?
夜毎に夫婦の絆が深まる恋物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

恋のレッスンに励む貴族令嬢の友情と成長を描く『臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない1・2』 /白猫

臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない (ビーズログ文庫)
臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。1・2巻同時発売。
敬愛する侯爵令嬢の恋を応援するため、恋愛小説を教本にしてアドバイスを頑張る地味な伯爵令嬢の物語。
友人の恋を見守る一方で、地味な自分を変えようとする主人公の成長も描いていく作品です。
婚約者の心をつなぎとめようと健気な努力を重ねる侯爵令嬢も素敵だったし、主人公との友情も微笑ましくてGOOD。
個人的にはもっと徹底的に揉めてほしかった気もするのだけど(笑)、少女たちの友情物語として満足しました。
あと、ツンデレ×鈍感の主人公カプの恋も良かったです。こちらは悶え苦しむツンデレ少年のツンデレっぷりを堪能しました。
全2巻で綺麗にまとめてあるけれど、続きはあるのかな?

☆あらすじ☆
WEB発!地味な取り巻き……なのに侯爵令嬢に恋のレッスン!?
私、アメリアは侯爵令嬢・ソフィー様に憧れる地味でしがない取り巻き――だった。彼女の婚約者、王太子殿下の密会現場を目撃するまでは! これまでの人生揉め事を避けてきた私だけど、悲しむソフィー様を放っておけない! なりゆきから、ソフィー様の弟・ルーファス様と協力して恋のレッスンを始めたところ、私の周りにも少しずつ変化が訪れて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋のレッスンに励む貴族令嬢の友情と成長を描く『臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない1・2』 /白猫

ゴブリンスレイヤー8 /蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー8 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
アニメ放送中のゴブスレ最新第8巻。
アニメはまだ見ていません。ちょっとコレを動画でみる心の準備が整わなくて・・・・・・エグいから・・・・・・

☆あらすじ☆
「来てしまいました」
そう、彼女は言った。
辺境の街のギルドにやってきた至高神の大司教――剣の乙女は、ゴブリンスレイヤーたち一党に王都までの護衛を依頼する。街道には、狼に乗ったゴブリンが群れているという。
一方、王都では霊峰に天より火石が落ちてきたことで、災厄の兆しが囁かれていた……。
一党が訪れた時に起きる事件は、《宿命》か《偶然》か。その行方は、最も深き迷宮、最果ての深淵、死の迷宮へと連なってゆく――。
「もし四階より下へ行くのなら……帰っては来れませんから」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー8 /蝸牛くも

孤独な少年の不思議な日常を描くホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』/太田紫織

昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)
昨日の僕が僕を殺す (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
北海道・小樽を舞台にした、あやかしのパン屋さんと孤独な少年の物語。
「ホラーミステリ」と銘打たれているだけあって、かなり主人公がひたすら恐ろしい目にあう小説でした。意外と怖かった・・・

☆あらすじ☆
北海道は小樽。母が父を殺した過去を持つ少年、ルカは、頼りの叔母も喪い、高校にも馴染めずにいる。叔母が好きだったパンを買いに、ロシアンベーカリーを訪れたことから、不思議な世界に足を踏み入れ……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 孤独な少年の不思議な日常を描くホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』/太田紫織

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ9)/鴨志田一

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
アニメ放送中ですが、まだ1話も見れていません。早く見なきゃ!
それはさておき青ブタ9巻は「家族」と咲太のお話。
1巻を彷彿とさせるあれこれに胸が熱くなりました。ほんと麻衣さんは天使なんだなって。

☆あらすじ☆
三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。
「おじさん、だぁれ」
七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れて!?
一方、花楓の一件以来、別々に暮らしていた咲太の父親から電話が……。
「母さんのことなんだが、花楓に会いたいと言っててな」
それは、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、長いこと入院していた母親から届いた「会いたい」という願い……。
家族の絆、新たなる思春期症候群の前触れ――急展開をみせるシリーズ第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ9)/鴨志田一

かくりよの宿飯9 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 /友麻碧

かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)
かくりよの宿飯 九 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2018年10月刊。
とても良かった・・・・・・本当に本当に、ここまで読んできてよかった。
次の最終巻へ向けて、怒涛の伏線回収をみせる第9巻。
ついに大旦那様の秘密に切り込み、彼と葵ちゃんの関係に隠された真実が明らかになりました。
もうね、感無量です。最高でした・・・・・・

☆あらすじ☆
「お弁当と引き換えに“真実”を一つずつ教えよう」そして葵が知ったのは?
黄金童子に導かれ、葵は文門の地へ辿り着く。そこにはいつもと変わらないように見える大旦那の姿があった。八葉夜行会までの束の間の時を、穏やかに過ごす二人。大旦那はそこで、ひとつの提案を葵にするのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよの宿飯9 あやかしお宿のお弁当をあなたに。 /友麻碧

落第騎士の英雄譚15 /海空りく

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15 (GA文庫)
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
ヴァーミリオン皇国編クライマックス。
七星剣武祭編に続いて始まったこの章には色々思うところがあって、どうにかこの気持ちを整理したいんだけど、うーん、うまく書き表す自信がない。
落第騎士に求めているものと求めていないものが私の中でゴチャついて混乱を起こしている。
でも楽しかったのも本当なんです。特に黒騎士戦はすごく良かった。あと、表紙の彼女たちが最高でした。

☆あらすじ☆
「愛しているよ。ステラ」
全てが失われる間際、少年は最愛の少女に笑顔で告げた――。
寧音や多々良の奮戦もあり『代表戦』の趨勢はヴァーミリオン側に大きく傾いた。もはや首魁のオル=ゴールを残すのみの戦いは、まさかの《黒騎士》アイリスの裏切りにより、再び混迷に陥ってしまう。
逃走を図る《傀儡王》オル=ゴールと追撃する《紅蓮の皇女》ステラ。弟を助けんとする《黒騎士》アイリス、立ちはだかる《落第騎士》黒鉄一輝。その熾烈な戦いが最終局面を迎えるとき、赤髪の少女の咆哮が戦場に響き渡る!
ヴァーミリオン戦役ついに決着! 別れと絆の第15巻!!

以下、ネタバレありの感想です。
今回は特にネタバレ注意したほうが良い感じ。

続きを読む 落第騎士の英雄譚15 /海空りく