あやかしが見える人見知りな少女の成長と再生を描く『京都伏見は水神さまのいたはるところ』/相川真

京都伏見は水神さまのいたはるところ (集英社オレンジ文庫)
京都伏見は水神さまのいたはるところ (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
水神の加護を受けた少女が、京都であやかし絡みの不思議に遭遇していく現代ファンタジー。
面倒見の良い幼馴染みやヤンデレ気質の白蛇と共に、様々なあやかしを目にしていく人見知りのヒロイン。
彼女を挟んで険悪な(でもちょっと仲良しな)Wヒーローの鞘当ても良いけれど、この作品はヒロインの成長物語として面白かったと思います。
どこか浮世離れした雰囲気だった少女が、憧れる幼なじみをお手本にして少しずつ地に足をつけて成長していく。その姿に保護者目線でほっこりしてしまいました。
あやかし絡みの事件も面白かったし、ぜひシリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
東京でのめまぐるしい生活に馴染めなかった高校生のひろは、祖母の暮らす京都伏見の蓮見神社に引っ越すこととなった。
幼馴染みで造り酒屋の息子・拓己とその家族に世話を焼かれながらの新しい暮らし。
そんなある日ひろは拓己の家で、酒造りの要である井戸水に異変が起こっていることを知る。突然井戸から水が溢れるなか、ひろの耳には不思議な声が聞こえてきて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あやかしが見える人見知りな少女の成長と再生を描く『京都伏見は水神さまのいたはるところ』/相川真