星に願いを、君に祈りと傷を/清水晴木

星に願いを、君に祈りと傷を (富士見L文庫)
星に願いを、君に祈りと傷を (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年9月刊。
星を愛する少年と傷を抱えた少女の恋と後悔を描いた青春小説。
彗星のように惹かれ合い、衝突するように恋に落ちた二人の葛藤に心を締め付けられる物語でした。恋と後悔に彩られた青春はドラマを感じます。
・・・・・・なんだけど、うーん、最後の演出が個人的にピンとこなくて惜しかったです。

☆あらすじ☆
流星群が降る夜、高校2年の屋敷は美しい双葉と出会った。
顔に大きな傷を持ち、だけど凛として、星と夜が好きだと話す彼女。
双葉に惹かれた屋敷は二人が10年前に出会っていたことを知り、再会を運命だと有頂天になるが……。
ある疑問が頭をもたげる。双葉はいつケガを負ったのか。
そこには決して屋敷が知ってはいけない、彼女が10年前から抱え続けた孤独と秘密が隠されていて――。
星が衝突するように恋に落ちた。
双葉の傷を、傷ついた過去を、消したいと何度も願った。
流れ星のように煌めく一瞬を痛切に描いた、胸に刺さる青春物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 星に願いを、君に祈りと傷を/清水晴木