今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング/時本紗羽


今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング (コバルト文庫)
今日も魔女を憎めない 思惑だらけのロイヤルウェディング (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
18歳の姿をした不老不死の魔女。その夫となり18歳のまま成長を止めた国王。
そして国王の娘である18歳の王女。
これは「魔女に支配されている」と噂される小国の王室の物語です。
まさに御伽噺的なファンタジーであり、どうしようもなく切ない恋と愛の物語でもある本作。
色々と荒削りな部分を感じつつ、でも私はこういう話が大好きだから少女小説を読み続けてるんだよなぁ・・・と改めて思いました。

☆あらすじ☆
小国エスティードには魔女がいる。名はシエラ。18歳の少女の外見をした恐ろしい魔女。国王は恐れをなして魔女を王子の妻とした。魔女が夫となった王子ゼロサムを呪いで自分と同じ不老不死の体にしたため、ゼロサムは国王となった今でも18歳の姿のまま。そして月日が経ち、他国の第三王子フランシスがゼロサムとシエラの会話を聴いてしまったことにより、王室の秘密が明かされてゆき…?

以下、ネタバレありの感想です。
ネタバレを踏まずに読んだほうが楽しめる作品なので、要注意で。

 

強大な力を持つ不老不死の魔女シエラ
小国エスティードは「至高の魔女」であるシエラに支配されており、彼女の夫であり不老不死の呪いをかけられた国王ゼロサムは魔女の言いなりになっている――

そんな噂がまことしやかに囁かれるエスティードの王室。
物語は、エスティードに訪問した他国の王子フランシスや、ゼロサムと側室の間に生まれた王女ハイネの視点を交えつつ、エスティード王室の18歳の家族を取り巻く秘密と真実を描いていきます。

 

読んでみて意外だったのは、この物語はシエラとゼロサムの恋の話であり、ハイネを中心とする三角関係を描いた話でもあったこと。

まずはシエラとゼロサムの物語。
こちらはすごく可愛いラブコメでした。
「至高の魔女」という名前に負けまくりなうぶな魔女と、居候となった彼女に何かと構う王子。
二人のコメディタッチな恋模様は、後の世の噂とはまるでかけ離れていて微笑ましくて仕方ありませんでした。

魔女の尻にしかれた王様とかいなかった。
いたのは魔女を溺愛しつつブンブン振り回す無邪気な王様だった。

そんな二人の関係はまさに「永遠の愛」
それはシエラにとっては呪いの正体であり、ゼロサムにとっては幸福の証であり・・・・・・
そういう二人の認識のズレが切なく感じるところもあるのだけど、バカップルムーブで誤魔化されてしまいました。でもそれで良いのだと思う。愛してしまったからにはシエラは負い目を背負い続けるしかないのだし、ゼロサムは喜んでそれを彼女と分かち合うのでしょう。永遠に。

 

一方で、王女ハイネと、結婚相手であるフランシス、そして影武者アレンの三角関係はとても切ないロマンスでした。
いかにも少女小説的で王道ロマンスだった国王夫婦の物語とは雰囲気をガラッと変え、ハイネの恋模様は複雑に入り組んだもの。

恋をした相手との辛い決別。胸のうちに秘めた覚悟。
そのための手段である契約結婚。

茨の道を歩むかのようなハイネの物語はとてもドラマチックで、途中の入れ替わりシーンではドキドキが止まりませんでした(色んな意味で)(最近のコバルトほんとギリギリを攻めるよね)

かつて恋をしていたのはアレンだった。今、彼女の心にいるのは誰なのか――彼女の心を揺らすのはどちらなのか。

ギリギリまで見えてこない恋の行方は残酷な結末を迎えてしまったけれど。
それでも余韻の残し方がとても素敵だったと思います。いつかはきっと幸せを得られるのだと伝わってくるから。
それにしてもフランシスのアレは思い返すとめちゃくちゃ切ないですよね。どんな気持ちで隣で眠ったのかな。罪悪感すごそうだ。

 

2つの恋の話が交互に描かれていく物語は、やがて「18歳の家族の物語」へと収束していきます。
これは、永遠の愛の物語であり、実らなかった恋の物語であり、秘められた家族愛の物語。とても面白かったです。

本音を言うと、シエラとゼロサムの話もハイネの話も単独で面白かったので、それぞれに1冊かけてじっくりと読みたかった気もします。
でも、きっと1冊の物語で同時に語られたからこそ、エピローグで明かされる幼き日の誓いが胸を打つのだとも思うのです。
・・・・・・そうすると、これはやっぱり家族の物語なんだろうな。

 

本当に素敵な物語でした。
魔女も憎めないしヤンデレ気味の王様も憎めないし健気な王女も憎めない。むしろみんな大好きだ。あ、黒幕は除く。
時本さんの次回作も楽しみに待ちたいと思います。

 

余談。
世界観が微妙にラフだったのは気になりました。消火できるほどの出力で放水できるホース・・・?

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。