ゴスロリ卓球/蒼山サグ

ゴスロリ卓球 (電撃文庫)
ゴスロリ卓球 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。

「なんで卓球で、なんでゴスロリなんですか。なんで混ぜたんですか、それを」
「美しいから。他に理由はいらぬ」

巨額の金が動く闇卓球の世界に身を投じた幼馴染み。彼女を助けるため、主人公は自らも裏の世界に足を踏み込んでいくのです。
幼馴染みのバディものとして楽しい作品。
スポ根的な熱さではなく、ギャンブル的なヒリヒリとした駆け引きと緊張感を味わう物語だと思います。あとラブコメ。ラブコメがとても良い。
シリーズ化を予定しているとのことなので、続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
蒼山サグが贈る新境地! 金と人生を賭けたスポーツは、果てしなく麗しい。
卓球部のエースで幼馴染みの斎木羽麗が失踪した。父親の抱える8000万の借金返済のため、金持ちが主催する裏賭場で戦うというのだ。
その賭博は、ゴスロリ服を身に纏った少女たちの勝敗に途方もない金額を賭けて行われる“闇卓球”。
羽麗を捜し、彼女の許へとたどり着いた坂井修は、幼馴染みを借金地獄から救済するため、共に命賭けの無謀なギャンブルに挑む――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴスロリ卓球/蒼山サグ