僕は君に爆弾を仕掛けたい。/高木敦史

僕は君に爆弾を仕掛けたい。 (角川スニーカー文庫)
僕は君に爆弾を仕掛けたい。 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
面白かったー!
現役七不思議と呼ばれる保健室登校の少女と、とある企みを彼女に見つかってしまった少年。
人の悪意を怪物という形で見ることができる少女は、学校から悪意を排除するため数々の謎を解き明かしていきます。
・・・・・・と書くと、真面目な勧善懲悪ミステリーっぽいのだけど、このヒロインこそが作中屈指のトラブルメイカー。
傲慢で臆病で身勝手で卑屈な超面倒くさいかまってちゃんヒロインなのです。
でも、その突き抜けた小物っぷりがめちゃくちゃ可愛い。こっそり教えてくれる本音もめちゃくちゃ可愛い。
中学生コンビらしいおバカなノリもすごく楽しかったし、これは是非シリーズ化してほしいと思いました。楽しみに待っています!

☆あらすじ☆
小手毬さんはとても可愛い。でもそれは見た目だけ。本性は身勝手で強引で偉そうで、ホントにろくでもない。僕の敵、だったのに。よりにもよって彼女が僕の仕掛けた爆弾を見つけるものだから、さぁ困った。きっとものすごく面倒くさいことを言い出すぞ。「犯人を引きずり出せるかどうか、賭けをしない? 私が勝ったら笹子くん、キミ私の下僕になること!」……ほらね。そのまま二人仲良く、文化祭を控えた学内で起こる怪事件に次々巻き込まれるハメに――。かまってほしい彼女と彼の、学園謎解きラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕は君に爆弾を仕掛けたい。/高木敦史