宮廷女官ミョンファ 太陽宮の影と運命の王妃/小野はるか

宮廷女官ミョンファ 太陽宮の影と運命の王妃 (角川ビーンズ文庫)
宮廷女官ミョンファ 太陽宮の影と運命の王妃 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
面白かった!
少女小説では珍しい韓流(風)ファンタジー。
朝鮮風の小物や用語が飛び交う世界観が、韓流に馴染みのない私には新鮮で楽しかったです。
そしてストーリーはとても読み応えがありました。王道の宮廷政争劇なのだけど、緩急のつけ方が巧みで最後まで飽きることなく一気読み。
キャラも良かったです。特に、自分の生き方を見極めようとする誇り高いヒロインがめちゃくちゃ格好良い。逆境にあればあるほど光り輝くような、毅然とした姿がとても美しい女性でした。
恋愛要素は比較的薄めかもしれないけれど、心理描写が丁寧なので満足。
でも続いてほしいなぁ〜。冒頭のシーンにたどり着くまでの過程が見たい!シリーズ化しますように!

☆あらすじ☆
王とともに歴史を変えた少女ー―出逢いと運命の韓流ファンタジー!
宮廷女官のミョンファは出世を目指すも上官から目の敵にされていた。そんな時、宮中で出逢った美麗な青年武官に、奇妙な取引を持ちかけられると翌朝、王の寵愛を受ける””承恩尚宮””として王の側室候補を命じられ!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宮廷女官ミョンファ 太陽宮の影と運命の王妃/小野はるか