アニメ「かくりよの宿飯」で興味をもった人に読んでほしい富士見L文庫のオススメ10選


かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 (富士見L文庫)

2018年4月にスタートしたアニメ「かくりよの宿飯」。
最終回に向けて盛り上がりを見せている本作は、富士見L文庫からの初めてのアニメ化作品です。
そのため、アニメやCMでレーベルの名前を初めて知った方もいらっしゃるかもしれません。
本記事では、富士見L文庫をよく知らないという方や、気になるけれど何を読めばいいか迷っているという方に向けて、富士見L文庫のオススメ作品を紹介したいと思います。

 

富士見L文庫とは

富士見L文庫は2014年6月に創刊されたライト文芸レーベルです。
【オカルト/あやかし】、【ファンタジー】、【ミステリー】、【青春/恋愛/仕事】の4種類(公式サイトによる区分)のジャンルに属する作品が数多く刊行されています。
高校生よりも年齢が上の女性主人公作品が多いため、大人の女性読者向けという印象が強いレーベルですが、年齢性別問わず楽しめる作品ばかりだと思います。
本記事では、公式サイトの区分に従って各ジャンルのオススメ作品を紹介していきます。
京極夏彦公認「百鬼夜行」シェアード・ワールド作品群である【薔薇十字叢書】については割愛しますが、興味がある方はhttp://www.fujimishobo.co.jp/barajyuji/をどうぞ。

 

オカルト/あやかし

この記事を読む方には説明不要かもしれないアニメ原作小説。
祖父が遺した借金のカタに鬼の嫁として「かくりよ」に攫われた女子大生・葵が、借金返済を目指して宿屋の一角で小料理屋を営むことを決意する、という異世界ファンタジー。
和製美女と野獣であり、女の細腕繁盛記であり、あやかしたちが暮らす「かくりよ」世界各地の特産品を料理し食す飯テロ作品でもあります。
ちなみにアニメの折尾屋編は原作5巻まで(2018年9月現在は8巻まで刊行中)

 

※コミカライズあり

 

「かくりよの宿飯」と世界観を共有する別シリーズ。
かつて夫婦だった茨木童子と酒呑童子が現代日本に転生し、普通の(?)高校生として青春を謳歌する物語です。
元鬼夫婦が浅草の街を駆け回り、正体を隠して生きるあやかし達の助っ人として大活躍。そんな夫婦とあやかし達の愛と絆を温かく(でも少し切なく)描いていきます。
「かくりよの宿飯」の読者には見知った鬼や覚えのある名字が出てきたりするかも。
コミカライズがかなり秀逸なので、こちらから読んでみるのもオススメです。

 

※コミカライズあり(2種類)
《嫁が主人公》
◎浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。(Pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/4581

 

《旦那が主人公》
◎浅草鬼嫁日記 天酒馨は前世の嫁と平穏に暮らしたい。(Pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/5075

 

また鬼嫁か!と言われそうですが著者も作風も前二作とは異なる作品。
天涯孤独で路頭に迷っていた女子大生・芹が勢いで契約結婚した男は、なんと現代に生きる陰陽師だった―― というオカルト小説。
家計が火の車な陰陽師の家。祓魔の才能がないぼんくら当主。嫁いびりが下手くそな可愛い姑。
色々ピンチな雇われ先を守るため、芹は「プロの嫁」としてぼんくら夫を叱咤激励し、様々な怪奇現象に立ち向かうのです。
えっ!そんなモノでお祓いしていいの!?となること間違いなし。才能も金もない陰陽師夫婦はそこらにあるものと裏ワザでお化け退治を頑張ります。

 

※コミカライズあり
◎ぼんくら陰陽師の鬼嫁(LINEマンガ)
https://manga.line.me/product/periodic?id=0000auq8

 

ファンタジー

富士見L文庫の中から1作品だけを選べと言われたら迷わず本作を選びます。
孤独な王女コクランと、願いを叶えるランプの悪魔。
ふたりの出会いから始まる物語は、コミカルな掛け合いを繰り広げながら、誰の干渉も受け入れなかったコクランが背負う残酷な真実へと向かっていきます。
美しくて、切なくて、愛にあふれる御伽噺。
何を読むか迷ったら是非本作をどうぞ。

 

アラサー女軍人・小玉が元部下の皇帝に頼まれて皇后の座につく。
後に稀代の皇后として伝説になる小玉の生涯を描く大河ファンタジーです。
武人らしいサッパリした気性の小玉がドロドロした後宮を掌握していく様子を、思わず笑ってしまう軽快な語り口で綴られていきます。
割り切れない感情が複雑に絡み合う人間ドラマもみどころ。特に皇帝夫妻の歪な繋がりからは目が離せなくなります。
小玉が背負う苦労はだいたい皇帝のせい。

 

※コミカライズあり

 

武家出身の姫君・雲雀は、公家と武家の和睦のため、年の離れた少年東宮・鈴鳴に嫁入りする。
しかし自分たちが公家と武家の両者から捨て駒にされたことを知った雲雀は、「全てを見返してやる!」とリベンジを決意するのです。
慣れない公家文化に悪戦苦闘しつつも、自分なりの戦いを見つけていく武家の最強鬼姫。
そんな妻に鍛えられながら、劣等感を乗り越え目覚ましい成長をみせる少年東宮。
絶対的不利な条件を地道な努力でクリアしていく即席夫婦の奮闘に注目してほしい作品です。そしてヒロインは方言女子だ。

 

ミステリー

カフカ中毒のヘルメット女子・風香に恋をした元プレイボーイ(自称)の高校生・楓。
「カフカにおなりなさい」という彼女の要求に応えてカフカ風の小説を書き始める一方、楓の周囲では不条理でカフカ的に奇妙な事件が起こる―― という青春ミステリー。
個人的には奇妙で捻じくれた恋愛小説としてオススメします。主役二人の個性が痛い(褒め言葉)
ちなみに同著者の黒猫シリーズに少し繋がりがある作品です。私はあとがきに笑いました。

 

「未来の死体」を見ることのできる少女が、その死を回避するために奔走する学園ミステリー。
「未来の死体」の状態からタイムリミットを逆算したり、死体の状況から何が起こるのかを推測したりする逆算アプローチが面白い作品です。
エキセントリックなヒロイン・夜子と彼女に振り回される主人公・陽太の噛み合ってないのに軽快な会話も楽しく、幼馴染みスキーにもオススメです。

 

青春/恋愛/お仕事

園芸男子なお隣さんと、彼に何かと世話を焼かれる女子大生のベランダ園芸ラブコメ。
ベランダがあれば何でも作れる!とばかりに毎回大量の野菜がベランダから収穫されていきます。そしてそれを使った料理の美味しそうなことよ・・・・・・
学生と社会人の年の差ラブストーリーは思わずにっこりする可愛らしさ。糖分補給&食欲増進におすすめのシリーズです。

 

※コミカライズあり
◎おいしいベランダ。(Pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/4648

 

戦慄のド級甘々オフィスラブコメ。
脅威の行動力で迫ってくる完璧主義上司にドン引きしつつ、彼の意外な一面を知って振り回されるヒロインの姿をコミカルに描いていく作品です。
全力で押し流す行動力男と雰囲気に流されがちな干物女の攻防という名のイチャイチャがすごい!
ベタベタなラブコメをテンポよく全力で楽しませてくれるところがオススメポイントです。

 

 

以上です。

富士見L文庫からは他にも多くの面白い作品が刊行されています。
かくりよの宿飯シリーズもアニメ放送範囲である折尾屋編の後に続く物語が更に盛り上がっているところです。アニメも良いが原作も良いぞ!
ぜひこの機会に富士見L文庫の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょう。

 

余談。
次は「浅草鬼嫁日記」か「ぼんくら陰陽師の鬼嫁」がアニメ化されたら嬉しいなぁ

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。