魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女/虎走かける

魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女 (講談社ラノベ文庫)
魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
「ゼロから始める魔法の書」(電撃文庫)の虎走かける先生の新シリーズ。
のじゃロリババアな魔女先生に引率され、ワケあり見習い魔法使いたちが「特別実習」に挑む物語です。
前作読者なら楽しめるポイントが盛りだくさん! というか前作の正統続編だそうです(レーベルが変わった)
ゼロ書の続編としても、新たな魔女と魔法使いたちの冒険と絆を描く新シリーズとしても面白い作品でした。
特に新キャラの魔女先生、子どもっぽい言動と成熟した人生観のギャップが最高。彼女と彼女の「小鳥たち」の関係、正直めちゃめちゃ好き。
「教師もの」としても良いシリーズが出てきたなぁという感じです。今後も楽しみ!

☆あらすじ☆
五百年に及ぶ教会と魔女の対立と、数年前に成立した和平。だがその影で、対立の残滓は、まだ世界の各地に色濃く残っていた――。
ウェニアス王国王立魔法学校に通う、落ちこぼれの生徒セービルは、入学以前の記憶を失っていた。そんな彼は、アルバス学長の命で、反魔女派の勢力が強い王国南部に特別実習として向かうことになり……。
『ゼロから始める魔法の書』の虎走かけるが贈る本格ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女/虎走かける