ぼんくら陰陽師の鬼嫁4/秋田みやび


ぼんくら陰陽師の鬼嫁 四 (富士見L文庫)
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 四 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちら


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
ぼんくら陰陽師としっかり者の契約嫁が、苦手分野の退魔を頑張る陰陽師お仕事物語第4弾。
今回は出張先で幽霊騒動に巻き込まれるお話でした。
北御門家の人間関係にも少しだけ動きがあったのだけど、そっかー、そっちに動くのかー(笑)
今回もとても面白かったです。皇臥さんはもうちょいがんばれ!

☆あらすじ☆
旅先で出逢ったのは――北御門の元門人と自称霊能者!?
お得意様の紹介で出張祈祷に出かけた芹たち一行。帰りに急な天荒不良にあい、やむを得ず近くのオーベルジュに一泊することに。予定外の美味しい食事付き旅行と思いきや、その宿は今まさに降霊会を行うところで――?

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は出張帰りに立ち寄った宿で幽霊騒動に巻き込まれ、その騒ぎの中で芹の心が暴かれていくというストーリー。
天涯孤独の身である芹の弱い部分をクローズアップするようなお話でした。
幼い頃に両親を亡くし、それ以来ずっと一人で生きてきた芹。
しっかり者な性格も、彼女が積み重ねてきた我慢の結晶だと思うと何とも苦しい気持ちになるものです。

 

このあたり、芹と祈里は姉妹みたいなものという指摘にはなるほどなぁと納得。
甘え下手で、我慢強くて、危なっかしくて放っておけない感じ。好意の向け方が下手くそっていうオチには思わず笑ってしまったけれど。
祈里ちゃん、芹にとても過保護だけれど「いのりは・・・・・・ずっと、なぐさめたかったです」の一言は重いよなぁ。芹にとっても、もっと昔から祈里が見えていれば、こんなに孤独をこじらせなかったかも。

 

ただまぁ、今の芹は全然寂しくないし、毎日賑やかに暮らしてますよ!という話なので、その切なさは過去の話。
それくらい芹が北御門家に馴染んでいるのは喜ばしいことですよね。
でも今回の感情決壊の引き金になったのが史緒佳さんっていうのはどうなんだ??夫(仮)の立場は!?笑

 

まぁ、史緒佳さん可愛いもんなぁ。仕方ない仕方ない。
化粧品のサンプル大量に持ってたくだりとか、可愛すぎて悶絶しました。なんというツンデレ。
もはや嫁が完落ちしてしまったので、仲良し嫁姑のケンカップルライフ待ったなしです。ぼんくら夫?知らん。

 

というか皇臥の方は、祈里と護里の二重ガードを突破するところで詰んでるような。
甘噛みする祈里ちゃんも頭突きする護里ちゃんも可愛すぎるから、いつまでもそのままでいてほしい。
それに、まぁ、芹は少しずつ皇臥を意識してるし、なんだかんだ芹もツンデレ気味なので、今回みたいに不意打ちでデレを振ることもあるのでしょう。
なんやかんや言いつつ着実に夫婦らしくなっていますし。特に芹のトラウマを見せてからの「同じなんてことあるか」のセリフはグッときました。皇臥さん、その調子ー!

 

さて、前回で残された意味深な伏線については、今回も伏線を置かれたくらいで終わってしまいました。
北御門家のお家事情が本当に気になるなー。薙子さんが北御門の家を追い出された(?)あたりの事情も謎ですし。
皇臥が家を継いだあたりで本当に何があったのか。二番目の兄の存在に秘密が・・・?
何はともあれ続きがとても楽しみです。

 

余談。
今回一番笑ったのは「エセ霊能者VSぼんくら陰陽師という場外乱闘的な底辺対決」という字面のインパクト。
その通りだけど評価が容赦なさすぎる・・・!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。