ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 case.冠位決議(上)/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
最終章スタート。
時計塔そのものが舞台となり、いよいよ物語が大詰めを迎えています。
しかしやっぱり怖いな時計塔。

☆あらすじ☆
「君の人生を、最も輝かしいものに捧げたまえ」
不気味に蠢動するハートレスの足跡を辿るべく、調査していたエルメロイII世とグレイのもとにもたらされたのは、『冠位決議』の知らせであった。
何人もの君主と代行たちが集まるという会議に、無論エルメロイII世も召集されることになる。しかし、このたび掲げられた問題は、貴族主義派、民主主義派の双方を揺さぶり、魔術協会全体を混乱に陥れる陰謀の渦だった。
時計塔の地下に広がる大迷宮と、その生還者。
謎の、連続失踪事件。
そして、いずれ劣らぬ時計塔の支配者たち。
『ロード・エルメロイII世の事件簿』、最後の舞台の幕がいま開く――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 case.冠位決議(上)/三田誠