幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い/編乃肌


幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い (ビーズログ文庫)
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
こういうの、ほんと好きだ〜
関係断絶再会系幼馴染カップル(伝わる?)が好きな私にはとても美味しい1冊でした。
悲しいすれ違いによって別れ、険悪な再会を果たし、そして真実にたどり着く幼馴染ふたりの物語。
悲劇のヒロインもかくやというヒーローの内面がとても良かったし、泣きながらでも制裁を忘れない逞しいヒロインはとても格好良かったです。
あと幼馴染スキーとしては幼い頃の回想多めなところがポイント高し。
かなり綺麗に終わっているから単巻完結かな? 最後まで楽しい作品でした!

☆あらすじ☆
『精霊姫』に選ばれた庶民のスーリア。
だけど護衛騎士が昔喧嘩別れした幼馴染みのレイスだなんて!?
「お前の護衛なんて不本意だ」
「こっちだって願い下げよ!」
「スーに近づくなー!(怒)」
精霊ウォルもお怒りの中、向かった王都では『精霊使い』の行方不明事件が頻発!
しかもこの事件がレイスの素顔に迫る鍵になっていて……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

初恋の幼馴染・レイスの「あんな女、好きじゃない。むしろ大嫌いだ」という発言を耳にし、泣きながら腹パンを喰らわせ関係を断った少女・スーリア
しかし、「精霊姫」に選ばれたスーリアの護衛騎士にレイスが就任したことにより、二人は険悪な再会を果たすことになるのです。

 

成長した二人の空気はギスギスしているけれど、その合間に語れる幼少期のエピソードはとても可愛い。
幼い頃のスーリアがどんな風にレイスの心を開いたか、また、レイスがどんな風にスーリアを慕ったのかが、とても丁寧に描かれていくのです。
こんな風に可愛い幼馴染カップルを見せられたら、そりゃあレイスの豹変の理由が気になるというもの。だってどう考えても本心じゃないのですから。

 

そういう引っ掛かりを与えつつ、「精霊姫」のお役目に励むスーリアを描いていく本作。
各エピソードがコンパクトに上手く繋げられていて、とても綺麗にまとめられた物語だと思います。
中盤の誘拐事件とかの、終盤に向けた布石の打ち方も丁寧でしたし。
精霊使い誘拐事件から悪魔の存在を匂わせ、そこからレイスの内面へと切り込んでいく展開は、スムーズな流れがお見事でした。

 

そしてレイス視点で物語を描き直す第六章がとても良かった。
レイスの秘密自体は、まぁ、ヒントがたくさんあったので驚きはなかったのだけど。
それでも、丁寧に丁寧にレイスの苦しみと恋心を掘り下げていくものだから、彼の心情から目を離すことができなくて。
その悲惨で理不尽な半生には同情せずにいられなかったけれど、同時に彼の強く一途な想いに心を打たれるのです。
死んでもいいからスーリアを守りたいという潔さを見せつつ、本当は彼女と生きていたい・・・という奥底に隠した本音があふれるくだりとか最高に好きです。
レイスが抱える、あまりにも純粋で悲痛な想い。これに触れれば、冒頭から繰り返される「大嫌い」発言全てに対して脳内変換余裕でしょう。めちゃくちゃ愛を叫んでる・・・!

 

それに応えるスーリアもまた素敵なヒロインでした。
暴言を受け流さず泣きながら腹パンするシーンから「あ、この子、好き!」って思ってたのだけど、終盤の「簡単な話なの!本当はきっとね!だから謝って!」のセリフも好き。
絡み合った物事をあえて複雑化せず、大事なことをシンプルに捉えられる主人公って頼もしいです。全てを知ってからの吹っ切れたスーリアはめちゃめちゃ格好良かった!
なんかもうヒーローとヒロインが逆転してるような気がしたけれど、そういう幼馴染カップルの関係性は尊いからOK!

 

それにしても、仲直り&問題解決してからのエピローグのド甘い雰囲気よ・・・・・・
ずっと口に出すのを我慢してたから、心の栓が抜けちゃったんですかね?ダダ漏れ!
序盤の塩気の強さはどこへやら、もはや砂糖しかない状況にニヤニヤが止まりませんでした。
レイスの半生を知ってるだけに「自重しろ!」とは口が裂けても言えない。無敵だ・・・!

 

余談ですが、私的にかなり好きなキャラは親友のリンスだったり。
レイスに暴言吐かれたリンスの後を追って「女の涙は高いのよ!」って憤慨するシーン、最高じゃないですか・・・?
てっきり恋敵的キャラだと思っていたからびっくりしたし、もうめちゃめちゃ好きになりました。本編の出番がとても少ないことが惜しまれるばかり。

 

楽しい作品でした。うっかり感想に書きそびれたけど、精霊のウォルもめちゃくちゃ可愛かったです。でもそれ以上に主役カプが性癖すぎて・・・!
話としてはとても綺麗に終わっているので、続きはない感じかな?どうだろう?
もし続編があるなら読みたいです。

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。