人魚と十六夜の魔法(ぬばたまおろち、しらたまおろち2)/白鷺あおい

人魚と十六夜の魔法 (ぬばたまおろち、しらたまおろち) (創元推理文庫)
人魚と十六夜の魔法 (ぬばたまおろち、しらたまおろち) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
古今東西の妖怪たちが集う魔女学校を舞台にした和製魔法学園ファンタジー第2弾。
のびのびと学校生活を送る妖怪(妖魅)たちが生み出すユーモアあふれる世界観が相変わらず最高でした。
2巻で更に磨きがかかり、読んでるだけでワクワクします。

思春期真っ只中の妖怪たちは、人じゃないのに人間くさく、でも仕草は人のものではなくて。その全てがとても可愛くて・・・!
前巻を盛り上げた少女と大蛇の純愛要素もしっかり継続。
この二人、面白い方向にこじらせてきたなぁ〜とニヤニヤしました。

1巻が綺麗に終わっていたから2巻はどうなるかな?と不安もあったけれど完全に杞憂。
ぜひ3巻もお願いします。長く付き合っていけるシリーズになると嬉しいな。

ちなみに、帯には「妖怪×ハリー・ポッター」とあるけれど、ほんと和製ハリポタとか妖怪学校版RDGって感じの作品なんですよね。そういう学園FTが好きな人にもっと広まりますように!

☆あらすじ☆
四月、綾乃は無事ディアーヌ学院高等部に進級した。中等部には雪之丞の従妹のまりんや、絵葉の弟大地や、人間の女の子桜子も入学してきた。そんな新学期の慌ただしい一週間が終わったころ、綾乃たちの学年に転校生がやってきた。ロシアから来た礼儀正しい水妖ヴォダーくんは、あっという間にみんなの人気者になった。だが、そのころから学院内で奇妙なことが起こり始める。学院の周辺で不審者が目撃され、寮の部屋からお八つが消える。なにかがおかしい……。妖怪と人間が一緒に学ぶ魔女学校を舞台に繰り広げられる、愉快な学園ファンタジイ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 人魚と十六夜の魔法(ぬばたまおろち、しらたまおろち2)/白鷺あおい