招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世


招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)
招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
とても面白かった!
「英国マザーグース物語」の久賀理世さんの新作は、中世西洋風世界を舞台にした宮廷ミステリー。
不穏なジンクスを背負う〈小夜啼鳥〉の王女が宮廷に舞い戻ったことから始まる、陰湿で謎めいた事件の真相を解き明かす物語です。

宮廷で今、何が起こっているのか。誰がどんな思惑をもって動いているのか。
そして、諦めることに慣れ、望むことに慣れない王女の恋の行方はどうなるのか。

推理小説としても、淡い想いが花開いていく姿を描いた恋愛小説としても良作だと思います。
1冊で綺麗に話がまとまっていて、とても満足できる少女小説でした。続編希望!

☆あらすじ☆
先王の遺児として、寂れた古城で、穏やかな幽閉生活を送っていたエレアノール。だがある時、第二王子ダリウスの妃候補として、急遽、王宮に召されることになる。昨今、王家との縁戚関係を望む宮廷貴族たちの争いが激化しており、その動きを牽制するため、彼女に白羽の矢がたったのだ。十年ぶりに帰還することになったエレアノールに宮廷中の注目が集まる中、事件が―。華麗な陰謀劇の幕が開く!

以下、ネタバレありの感想です。

 

父である先王が廃され、幼い頃から辺境の古城「小夜啼城」に幽閉されていた王女・エレアノール
三月に一度、監査役として訪れる新王の第二王子ダリウスに淡い想いを寄せるエレアノールは、しかし自らの境遇を受け入れて何も望まないつもりでいた。
そんな折、エレアノールはダリウスの花嫁候補として宮廷に召喚され、それが宮廷に大きな波紋を呼ぶことになるのです。

 

薄暗い宮廷陰謀劇をしっかりとミステリー仕立てに描く本作。

「死を呼ぶ小夜啼鳥」の噂、「あなたは戻るべきではなかった」と告げる女官長、第一王子の毒殺未遂、亡母が隠してきた秘密、そして観劇の最中に起こった殺人事件ーー

物語を構築する様々なギミックが好奇心と不安を掻き立て、一体その先にどんな真実が待ち受けているのかとハラハラしながらの一気読みでした。
誰もが怪しいというよりは、良い人が多いから(一部除く)犯人の正体にドキドキするんですよね。
エレアノールに親切にしてくれた彼女が惨たらしく殺されてしまうくだりなどは、とてもショッキングでした。
そして、その裏に隠された真実は歪んでいるけれど切なくて・・・・・・

人の想いとは、なんと純粋で、打算に満ち、美しく、恐ろしいものだろう。

エレアノールを狙った様々な陰謀も面白かったけれど、本作の裏テーマはこの一文に現れる彼女の恋だったのではないでしょうか。
彼女の恋は狂ってしまったけれど、なんだか無性に惹かれる気持ちがあって・・・・・・叶うことなら、第三者の推測ではなく、彼女の口から彼女の想いを聞いてみたかったものです。

 

さて、謎めく事件が相次ぎ周囲への不審感を煽られる中、同時に目を離せないのがエレアノールとダリウスの恋の行方。

廃王の遺児として全てを諦め、何も望まず、用意された運命に従うことに慣れてしまったエレアノール。
エレアノールを今の立場に追いやった新王家の一員として負い目を抱え、愚直に彼女の心を尊重しようとするダリウス。

二人の関係はまさに両片思い。
遠く離れていたときも、もしかしたら視線を交わせていたかも・・・のくだりが最高に好きです。絵になる〜!

しかし、お膳立てばっちりの状況になっても、相手に気を使いすぎてなかなか素直になれない二人。
あとがきにもあるけれど、二人共とても真面目ですよね。そして優しいからこそ積極的になれない。
これがまた焦れったくて焦れったくて・・・・・・
とはいえ、ダリウスは割と事件に乗じて役得をもらったりしているので(言い方ァ!)、優しい甘さがあるシーンはたくさんあるのですが。
二人の恋の微糖具合が、仄暗いミステリーの雰囲気を壊さないまま上手く和らげ、良い相乗効果になっていたと思います。

 

いやぁ、本当に面白かった。
こういう作品があるから少女小説って大好きです。綺麗に終わっているけれど、ぜひ続きがほしいな。
エレアノールの物語として続けてもいいし、最近のコバルトの傾向的に「ガーランド王国秘話」シリーズとして別主人公で連作化することも有り得そう?
エレアノールを囲む脇役たちも魅力的だったので連作でも大歓迎です。
天真爛漫な侍女カティアとか、大らかで快活な王太子ラザールとかメインにしたら面白そう。
特にラザールは結婚間近だし、今回の揉め事もあることだし、どうかなー??
期待がむくむくと膨らみますが、続報を大人しく待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。