招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世

招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)
招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話 (コバルト文庫)

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
とても面白かった!
「英国マザーグース物語」の久賀理世さんの新作は、中世西洋風世界を舞台にした宮廷ミステリー。
不穏なジンクスを背負う〈小夜啼鳥〉の王女が宮廷に舞い戻ったことから始まる、陰湿で謎めいた事件の真相を解き明かす物語です。

宮廷で今、何が起こっているのか。誰がどんな思惑をもって動いているのか。
そして、諦めることに慣れ、望むことに慣れない王女の恋の行方はどうなるのか。

推理小説としても、淡い想いが花開いていく姿を描いた恋愛小説としても良作だと思います。
1冊で綺麗に話がまとまっていて、とても満足できる少女小説でした。続編希望!

☆あらすじ☆
先王の遺児として、寂れた古城で、穏やかな幽閉生活を送っていたエレアノール。だがある時、第二王子ダリウスの妃候補として、急遽、王宮に召されることになる。昨今、王家との縁戚関係を望む宮廷貴族たちの争いが激化しており、その動きを牽制するため、彼女に白羽の矢がたったのだ。十年ぶりに帰還することになったエレアノールに宮廷中の注目が集まる中、事件が―。華麗な陰謀劇の幕が開く!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 招かれざる小夜啼鳥は死を呼ぶ花嫁 ガーランド王国秘話/久賀理世