救国の戦乙女は幸せになりたい! ただし、腹黒王子の求婚はお断り!?/秋桜ヒロロ


救国の戦乙女は幸せになりたい! ただし、腹黒王子の求婚はお断り!? (角川ビーンズ文庫)
救国の戦乙女は幸せになりたい! ただし、腹黒王子の求婚はお断り!? (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
腹黒王子からの打算たっぷりな求婚を断固拒否したものの、順調に外堀を埋められていく少女の奮闘を描いたラブコメファンタジー。
上流階級相手でも言いたいことを言う勝ち気なヒロインと、脳筋な彼女を手のひらで転がす策略家なヒーローの掛け合いがとても楽しい作品でした。
バトルや陰謀要素があったり、二人のすれ違いに切なくなったりと、設定的にほしい要素を過不足なくまとめてある感じ。読みやすくて軽く楽しめる良いラブコメだったと思います。
少し謎が残るラストだったので続刊があるのかな?期待しています。

☆あらすじ☆
街で働きながら、幸せ目指して婚活中のコレット。実はかつて国を救った『伝説の戦姫』だった! そんな彼女の前に第二王子ヴィクトルが現れる。「俺と結婚してくれないか?」「結婚は好きな人とって決めているの!」笑顔と脅迫混じりの求婚を断固拒否! しかしヴィクトルのせいで、気づけば隣国の皇女の護衛をすることに!? その裏には何やら怪しげな思惑があるようで……!?
WEB発・策略と求婚から始まる痛快ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

王族しか持たないはずの「神の加護」を有し、その力で戦争を終結させた元・伝説の戦姫コレット
王族でありながら「神の加護」を持たず、コレットの力を利用しようとする第二王子ヴィクトル
貴族嫌いなコレットは打算丸見えのヴィクトルの求婚を即座に断ったものの、気づけば彼の思惑通りに事が運ばれていきーー というのが本作の大まかなストーリー。

 

要するに、脳筋戦乙女と腹黒王子の打算から始まるラブコメです。
まっすぐな気性のコレットは見ていて気持ち良い女の子なのだけど、割とすぐ考えることを放棄するので策略家のヴィクトルの思いのまま。なんかもう「悪い男に騙されている女の子」の図が完璧すぎて笑ってしまいました・・・!
まぁヴィクトルは打算を隠してないので、ある意味フェアなのかもしれないけれど。
いやフェアか? 普通に何度も騙してたな?? やっぱりとても悪い男です。

 

とはいえ腹黒と純情のすれ違う関係はとても美味しくて。
最初から打算を告げている上に追い打ちをかけられ、そのために終盤でコレットとヴィクトルの関係がこじれていくところなんか、お約束なんだけど切なくてグッとくる展開でした。
「条件」ありきで始まった関係だけに、それを抜きにするとどうなるの?という不安や苦しさが伝わってくるし、浮かれていた自分を嘲笑うコレットの姿が涙を誘うんです。
基本的に明るく騒がしい物語のなかで、切ないシリアスがとても良い仕事をしていたと思います。
展開自体は珍しくないけれど、緩急の付け方がとても丁寧なのもポイント高い。
この設定ならこういう展開がほしいなぁ・・・という期待にしっかり応えてくれる作品でした。

 

さて、物語はコレットが戦争回避のために、命を狙われる他国の王女をヴィクトルと共に護衛する、という形で進んでいきます。
この話に関しては黒幕自体は分かりやすいものの、実行犯の設定に捻りがあって面白かったです。
ただ、黒幕がなぜ陰謀の邪魔になるコレットをヴィクトルに引き合わせたのかは良く分からなかったのだけど・・・・・・行動が矛盾してるような??
性格が変わったという二年前の何かに関係しているのでしょうか。真意が見えない行動の理由もそこにあるのかな?

 

側室は嫌だ!と主張するコレットの望みが叶い(??)、コレットとヴィクトルの恋は一応幸せの道筋が見えたけれど、黒幕が引き起こす騒動はこれで終わりじゃない雰囲気。
コレットも完落ちじゃないし、「神の加護」の設定についてもまだ掘り下げようがありそうなので、ぜひ続きが読みたいです。
というかWEB版では新章がスタートしているようだし、書籍での続刊も楽しみに待ってます!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。