妹さえいればいい。10/平坂読


妹さえいればいい。 10 (10) (ガガガ文庫)
妹さえいればいい。 10 (10) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年7月刊。
爆弾爆発に続く第10巻。
素直に「上手いなぁ・・・」と感嘆する面白さでした。
ほぼ既定路線だし、明確な伏線もあった。それでも最後の一言にハッとする気持ちがあって。
ここからどうなるんだろう。次巻が楽しみです。

☆あらすじ☆
妹がいる生活、はじめました。
ついに千尋の抱えていた大きな秘密が、伊月たちの知るところとなってしまった。千尋から事情を聞かされ、表向きはそれを喜んで受け容れた伊月は、これまでどおり那由多とイチャイチャしたり、千尋を可愛がったりして、妹がいる生活を満喫する。『妹すべ』のアニメも好評を博し、招待された台湾のイベントでちやほやされるなど、売れっ子作家としても満たされた日々を送る伊月だったが……? 一方、重荷から解放された千尋にも、新たな物語が始まろうとしていた――。
大人気青春ラブコメ群像劇、運命の第10弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

序盤は父と千尋たち母娘の出会いを描いた番外編。
父が再婚を決意するまでのエピソードは短い割にラブストーリーとして綺麗に整っていて、こういう話が好きな私は読んでいてとても楽しかったです。
最初に空気が馴染んで、ほとんど言葉もないまま気持ちが通じ合うというか。あの素っ気ないプロポーズに逆にロマンチックを感じてしまう(笑)
あと最初の「なつ」さんは自分から不遇な身の上話を語り出したあたりで「こいつはやばい」と思っていたので、オチにホッとしました。騙されてる感しかなかったもんな。

 

で、そこから「なぜ千尋が男の子の振りをすることになったのか」が再び丁寧に説明されるわけだけど・・・・・・
うん、まぁ、伊月の小説はね・・・・・・妹のパンツ食べたりしてたしね・・・・・・
序盤のラブストーリーが良い出来だっただけに啓輔の「結婚の話はなかったことに」という発言の重みが伝わるし(信頼ゼロの伊月は憐れだがw)、だから千尋の安易な提案に両親が乗った理由もなんとなく分かる気がします。公には女性のまま、ただ家庭内で伊月だけを騙せばいいわけだからハードルも低いし。
って思ってたら「『黙示録ノ妹』を読んだせいで、2人とも少し頭がおかしくなっていた可能性は否めない」とか書いてあって笑うしかないでしょこんなのー!!

 

さて、そんな前置きも済ませた上でいよいよ爆発した「義弟が本当は義妹だった!」展開。

表面上は和やかに進みつつ、水面下にイヤぁな予感を漂わせつつ本編が進んでいくわけです。
出版界の緩すぎる契約事情の話とか、コアな性癖が炸裂する作品の売れ方とか、台湾がいかに天国かという話とか、今回もラノベ業界ネタはユーモアと時事ネタたっぷりで楽しく読めました。

 

伊月の作品に対する反応やスパンキングラノベの話を読みながら思ったのは、性癖とは本当に多様で奥が深い世界なんだよなぁ、ということ。
「えてして作品というものは、尖れば尖るほど万人受けはしづらくなるが、ツボに入ったときの破壊力は大きくなる」という言葉の分かりみの深さよ・・・・・・
私自身は全く受け付けなかった作品でも、絶賛コメントの熱量の高さに圧倒されることはしばしばありますからね。
そこまで!?と思うこともあるけれど、賛否両論で真っ二つな作品ほど、絶賛側のパワーを感じることが多いかも。

それに、作者の性癖が凝縮された作品って、文章から殴られるような情熱を感じることがありますしね。
性癖が合わず殴られてダウンすることはあっても、ああいう強烈な個性をもった作品は大事にされるべきでしょう。感想自体は素直な気持ちを書くしかないけれど。
「幅広い読者に受け容れてもらおうとマイルドにしすぎて、誰の心にも刺さらない凡作」は本当に読者としても色々と辛いものがあるから・・・・・・読み終わって何の感想も浮かばない作品って結構あるから・・・・・・・

 

・・・・・・そういう強烈な個性を応援するためにも、「興味のない題材でも「斬新」とか「ぶっ飛んでいる」といった理由で楽しめる」人間になりたいけれど、悲しいかな、私の感性は平凡なのだ・・・・・・

 

そして、刺さる人には深く突き刺さる強烈な個性を売りにしてきた伊月。
飄々とした態度を装う彼の中で、約束された爆弾が爆発してしまいました。
何巻だったかな。この展開はすでに予言されていましたよね。
ついにこの時が来たか・・・ という気持ちでいっぱいですが、ラストの泥沼に沈み込むような伊月の姿にはドキドキしてしまいます。
ラブコメ的な地雷にもなるのかな?と思ったりしてたのだけど、どうもガチガチのシリアス展開に突っ込む様子。ここからどんな展開を迎えるのか楽しみです。

 

それはそうと、最近、春斗がモテ期すぎません?
まさか千尋はそっちルートもありえるの????

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。