異世界迷宮の最深部を目指そう11/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 11 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 11 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
迷宮から地上に舞台が戻る第11巻。
はぐれた仲間たちの1年間が語られるのだけど、なんかいつもよりコメディ分増し増しだったような?
カナミの胃壁を考えると笑えない・・・・・・と思いつつめっちゃ笑えて楽しかったです!

☆あらすじ☆
――千と一年越しの告白。
迷宮から地上への脱出を果たしたカナミ、ライナー、ティティー。
散り散りになった仲間達の足取りを追って辿り着いたフーズヤーズは、すっかり様変わりしていた。
かつて親交を深めた人々と言葉を交わし、そしてカナミは最愛のひと、ラスティアラと再会を果たすが、とある理由から同行を拒否されてしまい――。
「さよならだね」
千と一年越しの再会と決別が繰り返され、互いにもつれゆく関係性の中で、カナミが取る道は。
【運命】に抗う異世界迷宮ファンタジー、第11巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう11/割内タリサ

アルバート家の令嬢は没落をご所望です4/さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 4 (角川ビーンズ文庫)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 4 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
すでに完結したと思っていたシリーズのまさかの新刊。コミカライズが決まった関係でしょうか?
このシリーズは1・2巻で本編が綺麗に終わっていて、3巻が後日談のようなものだったのだけど、この4巻は後日談の後日談という雰囲気。
大好きなシリーズなのだけど、少し蛇足感が否めないかな。今更な「アレ」も最初は笑えたけれど・・・
でもアディとメアリの掛け合いはやっぱり可愛くて、ファンサービス的に楽しめる1冊だと思います。

☆あらすじ☆
従者アディにモテ期到来!? WEB発の転生・悪役令嬢ラブコメ第4弾!
「お嬢が嫉妬、俺のために?」乙女ゲームの転生・悪役令嬢メアリと、無礼な美形従者アディ。交換留学で新たな令嬢が現れ、アディにまさかのモテ期到来!? メアリ史上初の胸の痛みに、二人の関係もこじれていき!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です4/さき

とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶/貴嶋啓

とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶 (講談社X文庫)
とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
冥婚の花嫁が入れ替わったことから始まる中華ラブロマンス第2弾。
前後編というより表と裏のような連作なんですね。
前巻で説明不足に感じていた部分がきちんとフォローされていました。良かった。面白かったです。
ただ、身代わり花嫁となったヒロインの恋についてはやや駆け足気味かも?

☆あらすじ☆
お仕えするお嬢様・黎禾の「冥婚」が決まった。花嫁道中に同行した橙莉は、不幸な結婚から黎禾を救うため、身代わりになることを決意するが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む とりかえ花嫁の冥婚 身代わりの伴侶/貴嶋啓

第三王子は発光ブツにつき、直視注意!2/山田桐子

第三王子は発光ブツにつき、直視注意! 2 (一迅社文庫アイリス)
第三王子は発光ブツにつき、直視注意! 2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
他者のオーラが見える貴族令嬢と、オーラが眩しすぎて顔が見えない第三王子の宮廷ラブコメ第2弾。
今回は里帰りな婚前旅行編。
相変わらずとても賑やかに話が進み、どこまでも呑気なリナの語り口にめちゃめちゃ笑いました。
リナとジルって糖度たっぷりにイチャイチャしてるくせに、掛け合いのテンポが良くてやたらと笑えるんですよね。もはや夫婦漫才\(^o^)/

☆あらすじ☆
第三王子ジルベルトと婚約した、人のオーラが見える貧乏伯爵家の令嬢リナ。彼女はジルベルトが王太子となったことで、王妃教育を受けていたのだけれど……。
えっ! 実家に戻れってどういうことですか!?
ダメダメな語学のせいなら、もっと頑張りますから実家に帰さないでってすがりついたのにっ――どうして、ジルは婚前旅行だって言ってニコニコしてるんですか!?
オーラが見える貧乏令嬢と(オーラが)眩しすぎる王子の王宮ラブコメディの続編が、全編書き下ろしで登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第三王子は発光ブツにつき、直視注意!2/山田桐子

第三王子は発光ブツにつき、直視注意!/山田桐子

第三王子は発光ブツにつき、直視注意! (一迅社文庫アイリス)
第三王子は発光ブツにつき、直視注意! (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年8月刊。
めちゃくちゃ笑った〜!
他者のオーラが見える貧乏貴族令嬢と、好きな子はいじめたい派な第三王子の宮廷ラブコメディ。
自称警戒心強めな性格のヒロインが周囲の人間を次々とたらし込んでいくお話です。心の壁などオーラの前には紙の如し。
向かうところ敵なしのタラシっぷりですが、本人には全く自覚がなく、それがまた愉快で楽しい作品でした。
あと、ロマンチストをこじらせたヒーローとの噛み合わないラブコメにもひたすら笑ったw ツッコミが追いつかないけど本人たちが幸せならそれでいっかー!
糖分も十分あるし、たくさん笑えたしで大満足です。これは今後も楽しませてくれるシリーズになりそう!

☆あらすじ☆
人のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナ。彼女はある日、第三王子ジルベルトの婚約者を決める夜会に強制的に参加させられることに。場違いだし、王子をちらっと見たらさっさと帰ろうと決意した矢先……。
なんですか、あれ! オーラが眩しすぎて目がつぶれる!?
絶対に関わりたくないっ――と思った翌日、どうして挨拶すらしていない私が王子の婚約者候補になってるんですか!?
オーラが見える貧乏伯爵令嬢と(オーラが)眩しすぎる王子の王宮ラブコメディが短編つきで書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第三王子は発光ブツにつき、直視注意!/山田桐子

神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年7月刊。
ポジティブ少女が幾多の苦難を乗り越える異世界セカンドトリップファンタジー第5弾。
相変わらず語り口は笑えるのに、状況は全く笑えないという。
今回の表紙になっているシーン、めちゃくちゃ切なくて、ものすごく素敵でした・・・!

☆あらすじ☆
ルーナの失われた記憶は戻るのか? もう一人の異世界人の存在!? この世界に持ち込まれた「爆弾」のすべての元凶とは――。
ルーナとアリス、そしてユアンとともにガリザザへ出発したカズキ。
ルーナの記憶は戻らず、ユアンも子供に返ったままだったが、船上ではそれなりに平穏に日々を過ごしていた。
しかし突然の嵐によって船は難破。次に目を覚ましたときには、何故かガリザザの兵士とともに囚われていた。
ガリザザの皇子ディナストは、罠に人間を嵌めて上から見学する遊戯にハマっているとのこと。とんでもなく悪趣味な自体に巻き込まれたカズキ達だったがアリスとルーナの持ち前の運動神経により、一同は何とか試練をクリアしていく。
しかし、同じ闘技場に囚われ、仲間だと思っていたはずの男たちに突如として剣を突きつけられてしまい――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

ぼんくら陰陽師の鬼嫁4/秋田みやび

ぼんくら陰陽師の鬼嫁 四 (富士見L文庫)
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 四 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちら


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
ぼんくら陰陽師としっかり者の契約嫁が、苦手分野の退魔を頑張る陰陽師お仕事物語第4弾。
今回は出張先で幽霊騒動に巻き込まれるお話でした。
北御門家の人間関係にも少しだけ動きがあったのだけど、そっかー、そっちに動くのかー(笑)
今回もとても面白かったです。皇臥さんはもうちょいがんばれ!

☆あらすじ☆
旅先で出逢ったのは――北御門の元門人と自称霊能者!?
お得意様の紹介で出張祈祷に出かけた芹たち一行。帰りに急な天荒不良にあい、やむを得ず近くのオーベルジュに一泊することに。予定外の美味しい食事付き旅行と思いきや、その宿は今まさに降霊会を行うところで――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ぼんくら陰陽師の鬼嫁4/秋田みやび

浅草鬼嫁日記5 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。/友麻碧

浅草鬼嫁日記 五 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。 (富士見L文庫)
浅草鬼嫁日記 五 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
鬼夫婦の眷属たちにスポットが当てられる回。
日常回なのだけど、眷属たちが夫婦の前世に懐かしみながら今世の二人を愛しむため、なんだか無性に切なくなりました。
この穏やかな日々が続けばいいのに・・・・・・なんて願ったら、そりゃあ、うん、フラグでしょうよ。

☆あらすじ☆
時を超えても変わらない、元「最強の鬼嫁」夫婦と眷属たちの賑やかな日々!
浅草で暮らす真紀の周りには、前世である茨木童子の眷属たちが集いつつあった。長い時を経て再会した彼らとともに、今世でもあやかし事件を解決していく真紀。そんな折、浅草を守る七福神に異変が起きたようで……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記5 あやかし夫婦は眷属たちに愛を歌う。/友麻碧

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 case.冠位決議(上)/三田誠

ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)
ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」 (TYPE-MOON BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年8月刊。
最終章スタート。
時計塔そのものが舞台となり、いよいよ物語が大詰めを迎えています。
しかしやっぱり怖いな時計塔。

☆あらすじ☆
「君の人生を、最も輝かしいものに捧げたまえ」
不気味に蠢動するハートレスの足跡を辿るべく、調査していたエルメロイII世とグレイのもとにもたらされたのは、『冠位決議』の知らせであった。
何人もの君主と代行たちが集まるという会議に、無論エルメロイII世も召集されることになる。しかし、このたび掲げられた問題は、貴族主義派、民主主義派の双方を揺さぶり、魔術協会全体を混乱に陥れる陰謀の渦だった。
時計塔の地下に広がる大迷宮と、その生還者。
謎の、連続失踪事件。
そして、いずれ劣らぬ時計塔の支配者たち。
『ロード・エルメロイII世の事件簿』、最後の舞台の幕がいま開く――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 case.冠位決議(上)/三田誠

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ/瘤久保慎司

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)
錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
錆に覆われた世界で、どんな時にも錆びつかない強い心を持つ相棒の戦いを描くシリーズ第2弾。
1巻に負けず劣らず面白くて、迫力があって、心を鷲掴みにするシーンが盛りだくさんでした。ひとつひとつのセリフが痺れるくらい格好いいんだよなぁ。
ビスコとミロの絆は留まるところを知らず、初めましてのキャラもお馴染みのキャラも皆そろって個性の強さが最高でした。
今後の展開が気になる話も出てきたことだし、続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、大宗教国家・島根を訪れたビスコたち。
しかし――そんな一行の前に野望の不死僧正・ケルシンハが立ちはだかる。不意打ちで胃を盗まれたビスコの余命は、僅か――五日!?
暴走した《錆喰い》体質で心臓にキノコが咲けば即アウト!
相棒・ミロとともに様々な宗教ひしめく島根の中枢《出雲六塔》に潜入した彼らは、はたして無事、元の身体を取り戻せるのか。そしてかつて立った頂点奪還を目論むケルシンハの暴虐に、相棒の絆は打ち勝てるのか――!?
熱い絆で射貫く怒涛の冒険譚、再び!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ/瘤久保慎司