聖女の孤高脱却計画!/長月遥


聖女の孤高脱却計画! (ビーズログ文庫)
聖女の孤高脱却計画! (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
タイトル的にドタバタラブコメかと予想していたのだけど、世界を守る聖女と騎士が人を脅かす魔物と戦うバトルファンタジーでした。中二要素強めで派手に魔法戦を繰り広げていく物語です。
また、コミュ障少女と完璧聖女の2つの顔を持つ主人公や、心に鬱屈した感情を隠し持つヒーローなど、キャラの内心描写が丁寧なのも印象的。
個人的には終盤で一気に盛り上がったラブコメが大変好みだったので、是非シリーズ化してほしいです。陰険メガネと無自覚イノシシの三角関係に期待!

☆あらすじ☆
古式ゆかしく育てられ、聖女の中の聖女と称えられるローゼリンデは、内心臆病者で、本音で話せる友もいない孤高(ぼっち)王女。
その本性が、風の神騎士エルハイネにバレてしまった!
「改善しましょう。貴女には“正しく”聖女らしくしていただかないと」
聖女らしくなくても、国を守るために力を貸してほしい――
クセが強~い騎士たちとの救国ラブファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

コミュ障でぼっちな聖女・ローゼリンデが、自分の本性を知った騎士エルハイネに協力してもらい、コミュ障改善に向けて頑張るドタバタラブコメ―――  なのかなー?と期待して読んだんですけど、だいぶ違いました。
ローゼが吃音に苦しみながら意思疎通を図るシーンは何度かあるものの、それでコメディしているのは序盤だけなんですよね。終盤も少しあるかな。
そもそもローゼがコミュ障を丸出しにすること自体が少なく、作中のほとんどの場面で彼女は「聖女」の仮面を被ったまま。
世界の均衡と秩序に必要な「宝珠」に関わる重大案件にかかりきりなので、「聖女」から素顔を切り替える余裕がないのです。

 

ここが個人的には期待とズレていたかな、と。
ローゼとエルハイネとの初遭遇シーンの雰囲気が好きだったので、もう少し素のローゼが見たかったんですよね。
途中でエルハイネがローゼに「僕と一緒にコミュ障改善がんばりましょう」的な申し出をしたシーンでも期待したのだけど、すぐにそれどころじゃなくなってしまった・・・・・・残念。

 

ただ、「聖女」として人々が求める虚像を長年作り上げた結果、「ありのままの自分」を見失ってしまったローゼの苦悩は読み応えがあって良かったです。
自分の役割は完璧に演じることができるのに、それを奪われると話すことすら不自由するローゼ。
コミュ障な自分にコンプレックスを感じている以上に、そんな自分を隠し持つことが「聖女」として申し訳なく感じているわけですよね・・・・・・どこまでも「聖女」ありきな思考に、彼女の宿命の重さを感じてしまいます。
もっと自由に生きていいのに、と言える状況でないのは今回の騒動からも明らか。
自由のない窮屈な立場だけど、それを自然体で受け入れているからこそローゼは「聖女」なわけで。
それでも素の自分をもっと出せるようになれば彼女自身の心が楽になりそうだし、応援したいものです。特に吃音は辛そうだから、なんとかしたいよね・・・・・・

 

さて、物語は聖女ローゼが、自らの神騎士と共に、世界の在り方に関わる「宝珠」と、それを狙う魔のものとの戦いに身を投じる姿を描いていきます。

 

この神騎士たちが個性豊かな面々で、物語を楽しく動かしてくれていたと思います。
まずはメインヒーローであるエルハイネ
ローゼのコンプレックスを柔らかく受け止めた序盤のシーンは良い人オーラ全開だったのに、話が進むにつれて陰鬱な感情が溢れ出していくヒーローでした。
彼自身の挫折と苦しみがあったからローゼに優しくできたんだな、と納得できる部分もあったり。
割と陰湿なキャラクターは好みが分かれそうだけど、私は好きですよ。
自分を見捨てた王の失態を嘲笑うくだりとか、怨念強くて良いと思う!笑

 

あと、終盤でラブコメモードになったエルハイネも楽しすぎました。
一生気付くな。兄妹愛だと思い込んでろって普通ヒーローが言う?当て馬の発言かな??笑
恋敵への牽制から溢れ出す小物っぷりに涙。でも何故かこの姑息さが嫌いになれません。むしろ好き!

 

エルハイネに牽制をかけられつつ、全く何も気づいてないのがローゼの幼馴染である騎士団長ヴィレフ
ローゼのことを妹のように愛しているけれど、「妹愛」でないことは陰険メガネのお墨付きです。問題はヴィレフ本人が無自覚であること。
無自覚イノシシに自覚させたほうが面白いと思うんだけどなー。どうにか自覚させないように頑張るエルハイネの奮闘に注目ですね!
まぁ、ローゼがヴィレフをお兄ちゃんとしか思っていないから、エルハイネが何もしなくてもヴィレフに勝ち目はなさそうだけど・・・・・・
とは言え、そうとは気づかず頑張るメガネが面白そうなので(実際終盤の小物全開な牽制はサイコー(笑)でしたしね!)、うん、メガネ頑張れ!

 

最後は戦闘狂の神騎士アレクシア
唯一の少女騎士ですが、なんとなく茶々入れ担当になりそう雰囲気。
今回はあっさりエルハイネの脅しに屈したけれど、どうにか三角関係活性化に一役買ってほしいものです。がんばれー!

 

さて、続きは出るのかな?
ラブコメ的には絶対次巻から面白くなりそう。ぜひ読みたいでし!期待しています。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。