あやかし嫁入り縁結び1 えにしの糸を結びます。/椎名蓮月


あやかし嫁入り縁結び 一 えにしの糸を結びます。 (富士見L文庫)
あやかし嫁入り縁結び 一 えにしの糸を結びます。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
運命の赤い糸が見える女子大生と、彼女の家に「嫁入り」にきたワケあり青年の出会いから始まる物語。
謎の青年となし崩し的に同居が始まるなか、ヒロインはあやかしの問題へ関わっていくことになるのです。
警戒心は人並みにあってもモフみには抗えないヒロインに笑ってしまいました。やはりモフモフは罪深い。
古風な言動のなかに誠実さが光るヒーローも素敵です。
巻数表示があるように、序章的な内容で、今後面白くなりそうな期待を持たせる1巻でした。続きが楽しみ!

☆あらすじ☆
嫁入りし、縁結びで徳を積むべし
一人暮らしをはじめたしっかり者の大学生・結維(ゆい)。
彼女が秘密を抱えた青年・小太郎(こたろう)と出会うことで、心あたたまる現代ご縁結びお伽草子のはじまりはじまり――。

以下、ネタバレありの感想です。

 

上京する叔父の留守を預かる形で、叔父の家に住むことになった女子大生の八神結唯
しかし、「叔父に嫁入りにきた」という謎の青年・犬飼小太郎が現れ、更には家の古井戸から不気味な祟り神も現れ、結唯の一人暮らしは奇妙な問題を抱えてスタートすることになるのです。

 

「他人の赤い糸が見える」という能力をもつ女子大生と、完全な人になりたい半妖の青年。
そんな二人が協力し、小太郎が人になるための功徳を積んでいく話―― になるのかな。
今回はキーアイテムである功徳の札を手に入れる物語なので、今まさにスタートラインに立ったということなのでしょう。
祟り神の途切れそうな縁を四苦八苦して結び直す話も面白かったので、今後どんな縁結びをみせてくれるのか楽しみです。

 

キャラも良かったですしね。
見知らぬ男への警戒心を剥き出しにしつつ、ワンコにあっさり陥落する結唯とか(笑)
これはもはや獣型をとれる系ヒーローの醍醐味かもしれない・・・・・・人型同士だとここまで距離を詰められませんもんね。一緒に寝るとか論外でしょ。
だからせっかくだし(?)結唯はもっと一緒に小太郎と寝たらいいと思いました!笑

 

結唯といえば、ツンデレ野郎への手厳しい意見も印象的だったり。

根はいいひとだったとか、今で言うツンデレだとか、結唯は思わない。根がいいひとでも結局のところそれが伝わらないまま終わり、あとで知らされれば残されたほうは罪悪感がつのるばかりだ。その時点でいいひととは言えないだろう。
素直でない者、わかりにくい態度の者に対して、結唯はあまり忍耐力を持ち合わせていなかったし、伝わりにくい親切心に感謝できなくてもしかたがないと思っている。

あとは「口に出す言葉がすべて本心とは限らぬよ、結唯どの」「そういうのどうかと思うよ」とかね。まさに仰る通りなのだけど、手厳しいなぁ(笑)
とりあえず、嫁にきたのが小太郎みたいな素直で誠実でわんこ系の青年で良かったですよね。
これで素直になれないツンデレくんが相手だったら始終イライラしていたことでしょう。結唯って小太郎には優しいけどツンデレには沸点低いですし。

 

さて、相性が良さそうにみえる結唯と小太郎の同居生活がスタートし、次巻からは本格的に二人で動き始めるのでしょう。
モフモフしたい結唯的には小太郎が人化できなくてもOKっぽいけれど。
まぁでも人並みの生活を送るにも苦労する状況は不憫ですし。上手く問題を解決できることを祈りたいものです。

 

しかし、同居はいいけど叔父が途中で帰ってきたらどうするんでしょうか。
叔父さんの言う「ねこと女は入れるな」も気になりますし。
小太郎は犬(狼)で男だからOK!っていう屁理屈を通すためだけの忠告なのかな。何か裏がありそうな指示だと思うのは穿ち過ぎ?

いずれにせよ、次巻を楽しみに待ちたいと思います。

 

余談。お兄ちゃんの婚約者である元クラスメイトの美津穂のことですが。
結唯が何度も「全然記憶にない」とか言うから、てっきりあやかしの類だと思いこんでました。まさか大変身の伏線だったとは・・・・・・疑ってごめんね!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。