アルビレオ・スクランブル/宇枝聖

アルビレオ・スクランブル (電撃文庫)
アルビレオ・スクランブル (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
「極限生物」と呼ばれる謎の敵と戦う近未来ロボットラノベ。
場面転換や視点切り替えの多さが個人的にネックとなり、少し読みづらく感じました。
教官モノとしてもロボものとしても、いまいち欲しい描写が足りない印象。
でもキャラと物語そのものは好みでした。
作中でスッと差し込まれるカップルのイチャラブパートが非常に美味しかったですし。
この巻は物語の方向性が掴めず難儀したけれど、ラストの展開的に次巻はもっと楽しく読めそうな気がします。というわけでシリーズ化希望!

☆あらすじ☆
そうして世界は救われた。
だが友よ、君の戦いはまだ、終わっていない――。
人類とは相容れぬ極限環境に生じた、現生生物全ての天敵=「極限生物」との「戦役」を脱した世界。人類の英雄たる元・少年パイロット、若松疾風は……戦後あっさり引退して、人類復興本部食堂付き料理人に収まっていた。
乗り越え切れぬ傷を抱え、それでも笑顔を取り戻した彼を、しかし世界は放ってはおかない。再来する新種の「極限生物」。新たな才能を示す、まだポンコツのパイロット候補生たち。そして何より、彼の引退を笑って見送り、最前線で戦い続ける愛すべき人。すべての状況が、彼の帰還を、待っている。
傷を抱えた英雄がそれでも立ち上がるとき、全ての戦況は覆る――!?
伝説の続きが、始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルビレオ・スクランブル/宇枝聖