平安とりかえ物語 居眠り姫と凶相の皇子/山本風碧

平安とりかえ物語 居眠り姫と凶相の皇子 (ビーズログ文庫)
平安とりかえ物語 居眠り姫と凶相の皇子 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
面白かったー!
星から運命を読み取る姫君と、凶相持ちと忌み嫌われる皇子の出会いと再会を描く平安ラブファンタジー。
男装して陰陽寮の学生となった姫君は、幼い頃出会った皇子になぜか目をつけられることに。

このひとは本当に自分の正体に気づいてないの? え、それはちょっと鈍くない??

と訝しむ激ニブヒロインを笑いましょう。お前が言うな!
しかし彼女の前向きな優しさに満ちた言葉はとても素敵なのです。私もこういう人に運命を占ってほしいなぁ。
様々な感情を押し殺しつつ、「いやごめん隠せてないよ・・・!」と言いたくなる一途な皇子の言動も楽しい。
お互いに現状維持を望む二人の恋の行方がとても気になります。
星と暦を扱う宿曜師の物語としても面白い作品でした。シリーズ化希望!

☆あらすじ☆
私が皇子専属の宿曜師に!? 男装姫君×腹黒皇子の平安ファンタジー!
星を見ることが好きなあまり、昼寝癖のある大納言家の姫君・小夜。
すると宿曜師・信明の提案で、病弱な彼の息子と入れ替わり、女人禁制の陰陽寮へ入寮することに!
「男」と偽るも、星が学べることを喜ぶ小夜だったが、ついお使い途中に寝てしまい……物の怪憑きと噂される第一皇子に拾われてしまう!
しかも専属の宿曜師になれと迫られて――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 平安とりかえ物語 居眠り姫と凶相の皇子/山本風碧