君と僕との世界再編/音無白野

君と僕との世界再変 (角川スニーカー文庫)
君と僕との世界再変 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年7月刊。
人間的な価値が全て数値によって決められる未来を舞台にしたディストピアSF。
人工知能に依存した世界観や、「数値を持たない少年」と「更なる未来からきた少女」のボーイ・ミーツ・ガールな設定が楽しい作品でした。
ストーリーはいまいち盛り上がりに欠けるかな。というか、続刊ありきで全く問題が解決していないので、今後に期待という感じです。

☆あらすじ☆
人の価値が数値化された世界で、無価値な少年が世界の命運を握る――!?
2184年。人の価値は人間性で数値化され、それが通貨にもなり、働かずとも衣食住が保障された楽園――通称《庭国》。
たった一人、数値が《0》の少年・アオは、外敵から国を守ることで生計を立て、ただ生きるためだけの毎日を送っていた。
その任務中、負傷した少女を手助けしたことでアオの日常は激変する――。起こりえないはずのテロ、それを皮切りに庭国の崩壊が始まると告げる少女。
「あたしは崩壊を止める為に、今から20年後の未来から来たの。あんたも協力しなさい」
荒廃未来の孤独な少女と楽園世界の無価値な少年、時空の十字路で二人の異端者が出逢う時――世界は、再変される!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と僕との世界再編/音無白野