帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵(上)/和泉統子

帝都退魔伝~虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵~(上) (ウィングス・ノヴェル)
帝都退魔伝~虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵~(上) (ウィングス・ノヴェル)

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
面白かった!
久々にストライクコースを行く三角関係モノがきたな〜とワクワクしました。
Wヒーローのどちらにも当て馬感がないのが良い。3人それぞれの複雑な心情をたっぷり楽しめました。

このWヒーローは徐々に相棒として活躍をみせてくれるのだけど、その距離感も良いんです。
境遇も性格も正反対なキャラクターであり、それぞれが異なる魅力をもった好青年。
色々と因縁ある関係だから、影が差す瞬間もある。
それでも二人の好青年は、ドロドロとしすぎず、爽やかに友情を育んでいくのです。

特にムードメーカーな公爵がほんと良い人。私の推しはこちらかなー。
でも影のある幼馴染陰陽師も性癖的に好きだし、厳しい運命に負けない気骨あるヒロインは魅力的だし、うーむ、この三角関係楽しすぎるな??

そんな三角関係が「帝都」で「退魔」な話の中で堪能できるっていうのが最高です。
大事な説明が散漫に感じる箇所もあるけれど、「軍服で妖怪退治」というシチュに勝るものはありません。
いやもうほんと好きなものが詰まってた。満足です。完結巻となる下巻の発売がとても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
和風エクソシズム&トライアングル・ロマンス開幕
海軍兵学校の落ちこぼれ・鬼邑陽太は、合州国公使モーガンの娘ミア(実は女装した東宮?)や陸軍士官学校一の秀才で陰陽道宗家後継ぎの土御門良夜と共に、弥和に救う〈まつろわぬ神〉を調査することになり・・・・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 帝都退魔伝 虚の姫宮と真陰陽師、そして仮公爵(上)/和泉統子