僕は何度も生まれ変わる/十文字青

僕は何度も生まれ変わる (角川スニーカー文庫)
僕は何度も生まれ変わる (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
面白かった!!
異世界へ転生した後、同じ女が原因で何度も転生を繰り返すことになる少年。
そうして迎えた5度目の人生で、彼は殺され続ける運命への逆転を目指すのです。
各国を蹂躙する人間の帝国と、帝国に抵抗する他の国々の戦いを描いたファンタジー戦記としての読み応えも素晴らしい。
じりじりと命を削られていく緊張感ある展開と、それによって生まれるラストのカタルシスに思わず涙ぐんでしまいました。
とにかくめちゃめちゃ面白かったので、シリーズ化に期待します!

☆あらすじ☆
『薔薇のマリア』『灰と幻想のグリムガル』十文字青が贈る新たなる英雄譚!
ある日、僕は死んだ。享年29歳。しがない社畜の儚い末路だった――はずなのに、まさか生まれ変わった……のか? でも、僕はまた死ぬ。運命の悪戯なのか。死んでは生まれ変わり、そのたびに””彼女””が僕を殺す。漆黒の髪。赤い眼。僕を””劣等種””呼ばわりする””人間の帝国””の彼女が。そして、とうとう5回目の人生。成り行きでとるにたらない傭兵暮らしをしていた僕の許に、突然アークラントの””魔王””から使者が来た。はあ? 僕が魔王の隠し子だって……!?
――これは何度も生まれ変わった挙句、何の因果か魔王の血を受け継いだ””僕””がやがて英雄へと至る物語――泥臭くも華麗なる大逆転劇が幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕は何度も生まれ変わる/十文字青