ピンポンラバー/谷山走太

ピンポンラバー (ガガガ文庫)
ピンポンラバー (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
一流の卓球選手を養成する学園を舞台に、かつて負けた少女との再戦に燃える少年が主人公のスポ根ラノベ。
努力、友情、勝利、といったスポ根ものならではの爽やかな青春が心地よく感じる作品だと思います。
ただ、個人的には期待していたほどの疾走感を得られなかったのは惜しかったかな。
主人公とヒロインの会話はテンポが良くて楽しかったです。

☆あらすじ☆
かつて天才卓球少年と呼ばれた飛鳥翔星は、怪我のため卓球界から姿を消した。それから数年後、私立卓越学園の入学式に彼の姿があった。
そこは日本全国から集まった卓球エリートたちがひしめく最高峰の学園。翔星がこの学園に進学した目的は小学生時代に唯一敗北を喫した名も知らぬ少女を見つけ出し、そして勝利することにあった。
だが、入学初日にして彼は本物のエリートによる厳しい洗礼を受けることになる。
一年生最強の女子・白鳳院瑠璃に、怪我をしていた膝の弱点を見抜かれ、あっけなく敗北してしまう。敗北しうなだれる翔星に、瑠璃は「あなた、私のパートナーになりなさい」と告げる。彼女の目的は、才能のある彼とダブルスを組み、これまで一度も勝てたことのない相手、姉の紅亜を負かすことにあった。そして、その紅亜こそが、翔星が捜し求めていた、あの日の少女だったのだ。
学園最強女子・紅亜という共通の敵を倒すため、翔星と瑠璃は共闘関係を結ぶことになるのだが……。
その身を焦がすほどに卓球を愛し、すべてを捧げた少年の燃えるような青春。第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ピンポンラバー/谷山走太