2018年6月の読書記録と面白かったラノベ3選

7月になりました。
ラノベクラスタ界隈では2018年上半期のベストラノベ選びが盛り上がる季節。
いちせさん(@1se)主催の『好きなラノベを投票しよう!!』(好きラノ)も開催中(https://lightnovel.jp/best/2018_01-06/
Twitterアカウントまたはブログをお持ちの方なら誰でも参加できますよ。好きなラノベを目立たせるチャンスです!
ちなみに私は近日中にブログから投票する予定です〜(必死に積読崩し中)

 

そんな2018年上半期最後の月間読書記録ですが、だいたい平常運転です。
もっと読めたらいいのになぁ。

6月の読書メーター
読んだ本の数:27
読んだページ数:8247
ナイス数:475

 

6月に読んだ作品の中で特に面白かったのはこちら。

『宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト』(辻村七子著/集英社オレンジ文庫):感想記事
『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』(ざっぽん著/スニーカー文庫):感想記事
『賭博師は祈らない4』(周藤蓮著/電撃文庫):感想記事
『八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく』(羽根川牧人著/富士見L文庫):感想記事
『イレーナ、闇の先へ』(マリア・V・スナイダー著/ハーパーBOOKS):感想記事
『お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです』(糸森環著/一迅社文庫アイリス):感想記事

 

どれも面白かったのだけど、ベスト3として『賭博師は祈らない4』『八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく』『イレーナ、闇の先へ』を強く推します。

 

孤独な賭博師と奴隷の少女の切なく愛しい日々を描いた『賭博師は祈らない』シリーズ
次の5巻で完結とのことですが、この4巻を読んで私の心の名作リストに全力で叩き込みました。
18世紀末英国のアングラな雰囲気が大好き。
それ以上に、不器用に心を通わせる青年と少女の姿と、そこから生まれる不可逆の変化が最高なんです・・・!

 

雅な和風世界を舞台に、起死回生のジャイアントキリングを目指すオネショタ夫婦の奮闘を描いた『八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく』
武家の姫が少年東宮に嫁いだものの、実はそれは武家と公家が一時休戦するためのカモフラージュ。
そんな即席夫妻が、自分たちを裏切り利用した全てに対して「絶対に見返してやる!」とリベンジを決意する物語です。
慣れない公家の文化に悪戦苦闘しつつ、自分なりの戦いを見つけていくヒロインに注目。ちなみに方言女子だよ!

 

元死刑囚の少女が、生き残るために戦い続けるサバイバル・ファンタジー『毒見師イレーナ』シリーズの最新作『イレーナ、闇の先へ』
新章2巻ということでネタバレは避けますが、この新章がめちゃくちゃ面白い!
ひとりぼっちのイレーナが、仲間や恋人を得ながら、生き残るための力を身につけていく前3部作(「毒見師イレーナ」「イレーナの帰還」「最果てのイレーナ」)も最高なんですけどね。
新章はイレーナの恋人にスポットが当たっていて、苦悩し迷いつつも深い愛情をみせる彼のドラマがエモすぎて・・・・・・
このシリーズ、いつか映画化しないかなぁ。

イレーナ、闇の先へ (ハーパーBOOKS)
マリア V スナイダー
ハーパーコリンズ・ ジャパン

 

 

以下は6月に読んだ作品の感想メモです。

 

続きを読む 2018年6月の読書記録と面白かったラノベ3選