イレーナ、闇の先へ/マリア・V・スナイダー

イレーナ、闇の先へ (ハーパーBOOKS)
イレーナ、闇の先へ (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
元死刑囚の少女が大切なものを守るために戦い続ける壮絶ファンタジーの新章第2巻。
前巻に引き続き、イレーナとヴァレクのW主人公制で物語は進行していきます(やったねジェンコ視点もある!)
前巻で語られたヴァレクの過去がこの巻で現実と繋がり、ヴァレクの主人公感がますます強まる一方。
前3部作では「無敵にして不動のヒーロー」という感じだったのに、新3部作では人間的な弱さや脆さが浮き彫りになっているんですよね。そこに惹かれる。
身体的にも精神的にも揺れ動くヴァレク。そんな彼を、今度はイレーナが支える番なのでしょう。
国家間の情勢も不穏で緊迫したムードが高まってきました。次の完結編が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
何者かに毒矢で射られたあと魔力を失ったイレーナ。いまだ力は戻らず、その原因も解明できないまま試練の時が続いていた。そんななか、長年苦楽をともにしてきたヴァレクと最高司令官の間の溝はいよいよ決定的に。ヴァレクは苦悩の末、ついにある大きな決断を下す―。交錯する思惑と、その裏で蠢く陰謀…怒濤の展開でクライマックスに向け加速する、“霊魂の探しびと篇”第2幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、闇の先へ/マリア・V・スナイダー