この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。/市村鉄之助


この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。 (ダッシュエックス文庫)
この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。 (ダッシュエックス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
タイトル通りの婚約をすることになり、人生が大きく動き出していく少年の活躍を描いた物語。
悪女然としたヒロインが抱える事情に主人公が巻き込まれていくなかで、少しずつ絆を育んでいく二人の関係は結構好みでした。
ただ、ちょっと個人的には引っかかる部分が多いかなぁ。
割と消化不良な感じで話が終わっているし、続刊に期待します。

☆あらすじ☆
大切な人を守るために俺は強くなる!!
男爵家の長男だが家督が継げないため、冒険者になろうとしていた俺のもとに公爵家の令嬢・オリヴィエとの婚約の話が舞い込んだ! けれど、相手は悪い噂(うわさ)の絶えない女性。しかも、婚約の条件に無理難題を吹っかけてくる始末。 煩(わずら)わしい貴族社会とおさらばできると思っていたのに、婚約のせいで権謀術数(けんぼうじゅつすう)の渦(うず)に巻き込まれるはめに。しかし、オリヴィエと接していく中、家族を守るためにけなげに一人奮闘する彼女の姿を知る。 王国内に数人のみ存在する宮廷魔術師を目指し、高難易度の竜討伐クエストを受け、オリヴィエを狙う暗殺者との死闘も繰り広げる。
大切な人を守るために成り上がる、ジャレッドの挑戦の日々が幕を開ける。

以下、ネタバレありの感想です。

 

男爵家の長男でありながら、諸事情により家督を継がない立場にいる少年・ジャレッド
10歳年上の公爵家令嬢・オリヴィエとの婚約に困惑するも、悪い噂とは異なる彼女の本当の姿を知っていくことになる――というストーリー。

 

オリヴィエ、確かに噂とは違う女性ではあるのだけど、なかなかに苛烈な性格の女性だと思いました。
年齢のこと結構気にしてるし、婚約者に無理難題突きつけてたのは憂さ晴らしも入ってたって告白してるし、割とヒステリックだし。キツい性格ですよね。そこに見え隠れする優しさや不器用さのギャップが可愛いのだけど。
ただ、こういうオリヴィエの性格を正面からぶつけられても「なんか楽しい」とか思えるジャレッドの器の大きさ(?)はすごい。
ビンタされたシーンで平然としてたこととか。
あの状況で「結婚は嫌じゃない」とか言えるのかぁ。その前にビンタについて言及しよう!?(オリヴィエも謝れよ)(なぜ二人とも何事もなかったかのように・・・)

 

初対面こそギクシャクしていたものの、割とすんなりオリヴィエを気に入ったジャレッド。
自己評価はあまり高くないけれど、実はすごい魔術師である、というのはお約束ながら楽しい設定の主人公でした。

学園パートが結構好きだったんですよね〜
ラウレンツとのコンビで任務に挑むあたりも面白かったです。

ジャレッドは有能だけど簡単に何でもできるわけじゃなくて、色々工夫して魔法を使っている描写が多いのも良かった。
竜種の傷を縫うシーン、治癒魔法とかではなく、あくまで魔法を代用品として外科的に治しているのが印象的でした。

 

うーん、このあたりのキャラの関係性とか設定は良かったんだよなぁ。

 

ピンとこない感じが強くなったのは後半から。
オリヴィエが抱えていた事情って結局は公爵家のお家騒動なわけだけど、公爵家当主のお父さん何してるの??って感じが。
側室の誰が何をやってるのか未だに把握できないとか無能すぎでは・・・・・・

そもそも正妻と娘を守りたいならさっさと後継者を決めればいい気がするのだけど、それが出来ない理由がイマイチはっきりしない。
ついでに娘にちゃんと説明せずに隔離した理由もはっきりしない。
これじゃ父娘関係が悪化するのも仕方ないなーと思ってしまいました。愛情あるとか口ではどうとでも言えるよねって冷めた気持ち。

事情を知ってた母親が黙ってた理由も私にはよくわからないんですよね。オリヴィエが先に動いたから知らんぷりしていたって説明になってないような・・・?
なんか構図だけ見ると娘に全て押し付けただけでは??って疑問が・・・・・・

 

うーん、まぁ私の読解力に難があるのかもしれないし、後で補足説明があるのかもしれません。
刺客を倒して手がかりを得たとはいえ、まだ黒幕に辿り着いたわけじゃないですし、この問題はまだまだ続くのでしょう。

ジャレッドとオリヴィエの関係がどうなるのかも知りたいので続刊に期待します。
やたらと「恋愛感情じゃないけど好き」を強調してたので、この先で二人の間に恋愛感情が芽生えるのかどうかが気になりますw

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。