忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる/新井輝

忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる (ファンタジア文庫)
忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
困った人だけが辿り着ける探偵事務所。その社長であり、「他者の内面世界に介入できる」異能を持つ探偵の活躍を描いた物語。
「探偵」とあるけれど推理小説というより現代異能ファンタジーとして読んだ方が楽しめる作品だと思います。
異能の使い方は面白かったし、キャラと設定は好みでした。
ただ、この1冊だと色々と消化不良な感じかな。続きに期待します。

☆あらすじ☆
その探偵は記憶を『殺す』。それでも少女は忘れられない恋をする
12階建てのビルの13階にあるという探偵事務所。忘却社。救済を求める者だけが訪れることができるというその場所で、社長代行・岬翼は「他人の世界」に入り込み記憶を『殺す』能力で人助けをしているらしい――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる/新井輝