八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく/羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく (富士見L文庫)
八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
面白かった!!
武家出身の姫が、年の離れた少年東宮に嫁入りすることから始まる和風ファンタジー。
公家と武家の争いに利用された即席東宮夫妻がリベンジを決意する物語です。

慣れない公家文化に悪戦苦闘しつつも、自分なりの戦いを見つけていく武家の最強鬼姫。
そんな彼女に鍛えられながら、劣等感を乗り越えて目覚ましい成長をみせてくれる少年東宮。

絶対的に不利な状況のなかを、二人は地道な努力を重ねて強者に立ち向かっていくのです。
そこから生まれるカタルシスがとても素晴らしい作品でした。

年の差カップルならではの微妙な距離感も美味しく、ただの協力関係から夫婦の絆が生まれていく姿にグッときます。
是非2人がリベンジを果たし全てを手に入れるところまで見届けたい。
シリーズ化を待ってます!

☆あらすじ☆
「お前を一人前の男にしたる!」姉さん女房の逆光源氏物語!
武士最強の娘・雲雀に持ち上がった突然の縁談。それは公家との和睦を示す東宮との縁組みだった。武家を継ぐつもりだった雲雀は大いに不満。さらに相手は一年限りのお飾り東宮、しかも自分より十も年下の少年で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく/羽根川牧人