綺羅の皇女1/宮乃崎桜子

綺羅の皇女(1) (講談社文庫)
綺羅の皇女(1) (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
「斎姫異聞」シリーズの宮乃崎桜子さんによる新作和風ファンタジー。
お名前を見た瞬間に懐かしさでテンションが上がりました。斎姫異聞、いつか再読したいなぁ。

さて、本作は平安京を思わせる架空の国を舞台に、予知夢を見る皇女の数奇な運命を描いていく物語です。
親の愛に恵まれず、不遇な人生を流されるまま生きてきた皇女。
しかし、恐ろしい予知夢を見たことで彼女は自分の意思で運命に立ち向かうことを決意するのです。

和風を意識して読むと10頁あたりで面食らうかもしれません。
さらに中盤あたりでもう一度ギョッとするはず・・・・・・
私にはなかなか説明が難しい世界観でした。
1巻を読んだだけでは全体像が全く把握できないんですよね。
そのため1冊だけでは評価しづらい作品ですが、箱入り皇女の奮闘劇は面白かったし今後の展開に期待します。

☆あらすじ☆
皇族ながら、両親の愛を知らずに修道尼院で育った皇女・咲耶(さや)。真秀皇国(まほらこうこく)の皇帝しか見るはずのない予知夢を見る咲耶は、それを他言することを厳しく禁じられていた。隣国に嫁ぐため渡海したある日、夢で故国の惨状を知るも、咲耶は知らせる術がない。しかし――。権謀渦巻く皇国で、特異な生を受けた少女の運命は!?

以下、ネタバレありの感想です。
おそらくネタバレを踏まない方が良いタイプの作品なので、未読の方はご注意ください。

続きを読む 綺羅の皇女1/宮乃崎桜子