2018年5月の読書記録と面白かったラノベ3選

6月になりました!
2018年が折り返したとか誰か嘘だと笑っておくれ。

それはさておき、5月の読書記録はこんな感じ。

5月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:7469
ナイス数:494

ネットでは月に30冊読む方法がどうとか話題になっていたけれど、どうやるんですかね。1日1冊とか無理なんだけど。
昔は月に50冊くらい読んでたのになー。やはりソシャゲが悪なのか(違)

しかし読書は数じゃないのです。いかに面白い作品に出会えたかが大事!
そして5月は大豊作の月でした。特に面白かったのがこちら。

・『後宮の烏』(白川紺子著/オレンジ文庫):感想リンク
・『白銀王の日帰り王妃』(守野伊音著/ビーンズ文庫):感想リンク
・『狼領主のお嬢様』(守野伊音著/カドカワBOOKS):感想リンク
・『緑の扉は夢の入り口 第一の夢の書』(ケルスティン・ギア著/東京創元社):感想リンク
・『スカートのなかのひみつ。』(宮入裕昂著/電撃文庫):感想リンク
・『クラリッサ・オルティスのささやかな願い 〜没落令嬢と成り上がり商人の恋のレッスン〜』(ナツ著/アイリスNEO):感想リンク
・『七月のテロメアが尽きるまで』(天沢夏月著/メディアワークス文庫):感想リンク
・『完璧主義男に迫られています』(桜川ヒロ著/富士見L文庫):感想リンク
・『真夜中は旦にゃ様 〜モノノケ恋奇譚〜』(帆高けい著/メディアワークス文庫):感想リンク
・『君死にたもう流星群』(松岡剛著/MF文庫J):感想リンク
・『天才王子の赤字国家再生術 〜そうだ、売国しよう〜』(鳥羽徹著/GA文庫):感想リンク

改めて並べると、めちゃくちゃ多いな・・・!
この中から更に強く推すとしたら、『後宮の烏』『スカートの中のひみつ。』『天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜』の3作ですね。

 

『後宮の烏』は昔懐かしい少女小説の系譜を感じさせる中華ファンタジー。
後宮に棲みながら皇帝に傅かない神秘的な存在『烏妃』の謎を解き明かす物語です。少女小説好きに特にオススメです。

 

『スカートの中のひみつ。』は、疾走感あふれるパワフルな青春群像劇。

この作品については最近話題のラノベ読みVtuber本山らのちゃんの動画を見てほしいな。とても上手く紹介されているので・・・!(陰ながら応援してます〜)

 

『天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜』は、公式略称が「売国王子」だそうです。なんだそれ的確すぎるw
国家売却を目論む天才王子が、思惑とは裏腹に名君として大成功してしまう国家運営コメディ。めちゃくちゃ笑えて楽しい作品なのでシリーズ化に期待です。

 

 

以下、5月に読んだ作品全ての感想メモに続きます。

 

続きを読む 2018年5月の読書記録と面白かったラノベ3選