天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~/鳥羽徹

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)
天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年5月刊。
面白かったー!
売国奴志望の天才王子が、(そんなつもりじゃなかったのに)国家運営に成功してカリスマ君主の道を歩むファンタジー。
コメディ全開で楽しく進むけれど、ガッツリ戦記としても楽しめる作品です。
有能ゆえに快進撃を続け、そのせいでドツボにはまっていく主人公。その葛藤(?)がめちゃくちゃ笑えましたw
頑張れば頑張るほど隠居の夢が遠のくんだから、もう開き直って名君になればいいのに!
主人公と補佐役ヒロインの関係も個人的にツボ。
この主人公、ヒロインのことを「俺の心臓」って呼ぶんですよ。どんだけ大事やねん!と思ったら恐怖の逆鱗でした。
ひぇぇ・・・・・・このカップル好き・・・!

☆あらすじ☆
「さすが殿下! これが狙いとは!」「どこまでもついて参ります!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」
『(一体どうしてこうなった!?)』
資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。文武に秀で、臣下からの信頼も厚い彼にはひそかな願いがあった。
「国売ってトンズラしてえええ!」
そう、王子の本性は悠々自適の隠居生活を目論む売国奴だったのだ!
だが、大国に媚びを売ろうと外交すれば予期せず一方的に利益を手にし、隣国との戦争で程よく勝とうとすれば大勝利。名声は上がるが売国は遠のき、臣民はイケイケ状態で退くに退けない!?
天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、開幕! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~/鳥羽徹