君死にたもう流星群/松山剛

君死にたもう流星群 (MF文庫J)
君死にたもう流星群 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年5月。
ああ、これ絶対にどんどん面白くなっていくやつ・・・!
いや1巻だけでも十分に面白かったのだけど、「役者が揃い、舞台が整った」ところで終わっているんです。
この先を読ませろー!という気持ちをどうしてくれよう。

『世界一美しいテロ』と呼ばれる流星群の夜に大切な人を亡くした主人公。
腐ったまま大人になり、後悔と苦しみのドン底にいる彼に与えられたのは、すべてをやり直すチャンス。
与えられたチャンスをどう活かすのか。運命に対する主人公の挑戦をハラハラしながら見届けたくなる物語でした。
ちなみに、彼が繰り返す「コスパ」という言葉に囚われる気持ちに少しでも共感すると泣きたくなるほどのメッタ刺しを喰らいます。私は半泣きでした。

☆あらすじ☆
二〇二二年十二月十一日。その日、一九五七年の旧ソ連・スプートニク計画に端を発した人類の人工衛星の歴史は唐突に中断した。
『宇宙』と『夢』を巡る感動巨編スタート!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君死にたもう流星群/松山剛