真夜中は旦にゃ様 〜モノノケ恋奇譚〜/帆高けい


真夜中は旦にゃ様 ~モノノケ恋奇譚~ (メディアワークス文庫)
真夜中は旦にゃ様 ~モノノケ恋奇譚~ (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年5月刊。
かわいかったー!
呪いにかかった許嫁を助けるため、妖怪たちを相手に奮闘する女子高生の物語です。

許嫁への恋心フルパワーで頑張る大和撫子系ヒロインがめちゃくちゃ魅力的。
そして、呪いのせいで年齢の割に免疫がない純情ヒーローは可愛いにゃんこでした。
ムラムラすると猫に変わる呪いという「えっ、それって色々モロバレでは・・・!」な設定にピンときたら是非読んでみましょう。

周囲の妖怪たちは賑やかで楽しいし、物語はテンポよく進んで構成もばっちり。
続編も作れそうな感じなのでシリーズ化に期待しています。
いやほんとこのカップルがツボすぎまして・・・・・・

とりあえずこの1ページ漫画を見てくださいな。
https://twitter.com/mwbunko/status/1000368394485489664

☆あらすじ☆
許嫁はネコ(陰陽師)でした――。妖怪だらけの街で繰り広げる恋愛奮闘記。
六歳上の許嫁・太一に憧れ、花嫁修業に励む女子高生・桃子。しかしある日突然、太一から婚約解消を申し出る手紙が届いてしまう。実は太一は、由緒正しい陰陽師一族の末裔で、妖怪の呪いにより『ムラムラするとネコに変身してしまう』秘密を抱えていた!
太一の呪いを解くため桃子が向かった先は、「駅」と呼ばれる妖怪たちが暮らす隠れ里で――!?
英会話を習う鬼に、ドケチな八咫烏、詐欺師の狸……個性豊かな妖怪たちと、恋する花嫁(予定)のあやかし奮闘記がはじまる!

以下、ネタバレありの感想です。

 

由緒正しい名家の令嬢・日高桃子には、同じく名家の子息である志摩太一という婚約者がいる。
生まれる前に親同士が決めた許嫁ではあるけれど、優しい太一の言葉に救われた桃子は彼に恋をしていた。
しかし、18歳の誕生日に太一から届いたのは婚約破棄を申し出る手紙。
太一から直接理由を聞くため、桃子は彼を追いかけて奈良へ向かうことになりーー

 

という冒頭の流れで「これもう絶対好きな話・・・!」と確信しました。
太一を一途に想う、桃子の恋心の強さがとても良いんです。
「お断りされるのを、お断りします」ってセリフがすごく好き。単身で奈良に特攻する行動力も好き。
名家の令嬢らしく淑やかで、礼儀をわきまえていて、しかし芯が強い桃子。
といっても気の強さが鼻につくわけではなく、太一への恋心で自分を奮い立たせているんですよね。
まさに全身全霊で恋する大和撫子。
もぉ〜〜こういうヒロインたまらなく好き〜〜〜_(:3」∠)_

 

奈良で太一の事情を知ってからは、妖怪たちを相手に健気な奮闘を繰り広げる桃子。
太一が陰陽師として働く妖怪たちの街『駅』に舞台が移ると、物語はどんどん賑やかなものになっていきます。

 

自分が抱える呪いが解けず、桃子の幸せのために婚約を破棄しようとした太一。
この太一の性格については冒頭の1ページ漫画でなんとなく察していたのですが、まぁほんとに純情!w
思春期に「女性に魅力を感じると猫に変わる呪い」が発動してしまったせいで女性への免疫がない、という設定が楽しすぎました。
ムラムラがどうとか言ってたけど、実態は少しドキッとするだけでも猫に変わるという、ね。耐性なさすぎでしょw
この呪い、何が恥ずかしいって桃子にドキっとしたら即バレすることですよね。しかも経験値が低いことまで一緒にバレてしまうという・・・・・・
些細なことで猫に変わって「えっ、今なんでドキッとしたの?」とJKに思われる24男。不憫すぎる(たのしい)
変身まで至らなくても円周率をブツブツ唱えるせいでやっぱり精神状態が丸出しだしなぁ。だめだよ、そこは素数でしょ!

 

そんな隠しきれないヘタレが漂う太一なのだけど、それでも桃子の大事な婚約者。
太一の優しい人柄を幼い頃からずっと慕ってきた桃子と、呪いに苦しむ日々のなかで桃子の存在だけが支えだった太一。
そういう二人の関係がとても尊いのです。お互いに対する愛とリスペクトが素敵すぎる。
もぉ〜〜こういうカップルたまらなく好き〜〜〜_(:3」∠)_

 

桃子と太一を取り巻く妖怪たちも賑やかで楽しい!
前鬼の夫婦が好きです。最初の夫婦喧嘩、犬も食わないオチのどうしようもなさが好き。
他にも、道案内ヘキがある守銭奴八咫烏や、実は純愛派だった詐欺師狸といった感じで妖怪なのに人間くさいキャラクターばかりなんですよね。ぬくもりでほっこりする。
感動的な和解をしたと見せかけて、しれっと嫌がらせを残した天狗のことも好きですよw

 

序盤に張った伏線はラストで綺麗に回収していたし、物語の構成は過不足なくまとまっている感じ。さっくりと楽しめて良かったです。
まぁ欲を言えば、太一の陰陽師的な活躍をもっと見たかった気がするかな。でも猫モードが可愛かったからオッケーです(?)

 

あー、ほんとこういうの好き。
ヤキモチ焼いても悋気を抑え、冷静に戦闘モードに移る桃子が大好きすぎる。本当に、ぜひ続編を・・・!
なにやら桃子の「目」に何か秘密がありそうな感じでしたしね? 
シリーズ化期待してます!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。