七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月

七月のテロメアが尽きるまで (メディアワークス文庫)
七月のテロメアが尽きるまで (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
はぁ・・・・・・泣いた・・・・・・
儚いほどに繊細で、胸が痛いほどに純粋な青春の日々。
クラスメイトの秘密を知った少年が、迷い悩みながらも彼女と関わっていこうとする姿を描いた物語です。
彼の選択はとてもエゴが強くて、同時に、献身的な優しさを感じるものでした。
この読後感をどう表現すれば良いのだろうと一瞬悩んだけれど・・・・・・うん。たった一つの言葉で十分なのかもしれません。

☆あらすじ☆
二人の結末を見届けた時、きっともう一度読み返したくなる――。
人付き合いを避け生きてきた高校生の内村秀は、ある日クラスメイトの飯山直佳が落としたUSBメモリを拾う。その中身、「遺書」を見てしまったことから、奇妙な交流は始まった。やがて秀は直佳が進行性の記憶障害を患い、自殺を願っていることを知り……。
「君が死ぬときは、僕も死ぬ。それが嫌なら君は生き続けろ」
「……内村くん、すごく馬鹿なこと言ってる自覚は?」
約束に隠された本当の想いを知った時、きっと最初からページをめくりたくなる。切なく美しい物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七月のテロメアが尽きるまで/天沢夏月