悪役令嬢の兄になりまして/霜月零


悪役令嬢の兄になりまして (アイリスNEO)
悪役令嬢の兄になりまして (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
悪役令嬢転生モノの変化球な作品で、悪役令嬢の「兄」に転生した少年の物語です。
大まかな方向性は破滅エンド回避という、おなじみのアレ。
この作品のポイントは特色は、破滅回避に向けて頑張るのが肥満のお兄ちゃんだという点にあります。
ただ、その特徴が悪役令嬢テンプレとどのように噛み合い、どんな独自性をだしていくのかは未知数な感じ。
だってプロローグで終わったから・・・・・・これだけでは評価しようがない・・・・・・
それでもキャラと雰囲気は好きなので、続刊に期待しています。

☆あらすじ☆
ある日、デブでわがままな公爵家の三男ラングリースは、魔力暴走を起こした妹を助けて生死の境をさまよった結果、思いだしてしまった。自分が元日本人だということを。そして――。俺、なんで乙女ゲームのキャラに生まれ変わってるの? それに、こんなに可愛くって優しい妹が、未来では悪役令嬢になって処刑されるなんて!? そんな最悪なルート、思い出したからには、回避したい!! 可愛い妹の悪役阻止を目指す少年の破滅回避コメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前世で母親に押し付けられてプレイした乙女ゲーム『宝石のように煌めいて』。
その悪役令嬢フォルトゥーナの兄として生まれ育ち、ある事故(事件?)をきっかけに前世を思い出した公爵家の三男坊ラングリース
物語は、妹と公爵家の破滅を避けるために頑張ろう、まずはダイエットから!と決意する肥満体型なお兄ちゃんの奮闘を描いていきます。

 

タイトル通り、主人公が「悪役令嬢の兄」である点が売りの本作。
ただ、今のところゲームの舞台となる学園にも入学していないし(この巻は子ども時代)、フォルトゥーナが悪役っぽく育っているわけでもない。
怪しげな家庭教師の動きや、ゲームの攻略キャラとの出会いなどの伏線はあったけれど、内容的には序章の序章という感じでした。

 

前半の鉱山での救出劇とか、普通に少年の冒険譚でしたしね。
あれはあれで面白かったけれど。肥満体な自分にヒーヒー言いながら必死に頑張るお兄ちゃんが可愛かったのでw
なにげに体型以外はスペックが高いんだよなぁ。
得意分野が治癒魔法や防御魔法なくらい優しい性格とか(魔法と性格は関係ない?)、とにかく妹が大好きなところとか、なかなか好感が持てる主人公でした。
こういう主人公だと変に引っかかることがなく、スラスラと読めちゃうのも良いですよね。

 

それはさておき、何度も書いてるように序盤すぎる第1巻なので、今後、物語がどんな風に進むのかは謎。
恋愛的な話があるのかどうかも分からないんですよねぇ。
今のところラングリースが一番仲良しで大事にしてるのは従者のエルドール(♂)なので。
まさかびーのえるにはならないと思うけれど、ラングリースとエルドールの絆の強さと物理的な距離感の近さがとても・・・・・・うん・・・・・・うん!

 

いや、女の子もいるんですけどね?
メインヒロインは妹のシスティーナって感じでしょうか。
最初の方で「お?ラブコメのお相手はアリアンヌ??」と思わせるくだりもあったけれど、どうかなー? 期待して良いのでしょうか。

 

ラングリースが順調にシスコン化しているところとか、ダイエット頑張ってるところとか、ほのぼの楽しく読める作品でした。
まちさんのイラストも可愛くて素敵でしたし。

ただ、物足りなさはとても気になります。
鉱山事件以外は山も谷もオチもないからなぁ。
正直、1冊である程度まとめてくれない構成は好きではないのだけど、それで切り捨てるにはキャラと雰囲気が好き・・・・・・どうしても続きに期待したくなる。
WEB版をちらっとみた感じ続いているようですし(http://ncode.syosetu.com/n2884dl/)、きっと書籍版も続きが出ると信じて待っています!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。