悪魔の孤独と水銀糖の少女/紅玉いづき

悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)
悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
悪魔の島に訪れた死霊術師の孫娘と悪魔を背負った罪人の男の孤独と愛を描いたファンタジー。
物悲しい雰囲気が、静かに心に馴染んでいく。そんな錯覚を覚える作品でした。
「孤独」と「愛」の物語で、ヒロインと死霊術師たちの絆に心が震えます。家族愛がとても良かった・・・・・・
その一方で全体的に読みにくさや展開の唐突さを感じたりもして、設定は好きなのにイマイチ気持ちが乗らない部分もありました。
私のコンディションが良ければもっとハマったのかなぁ。いつか再挑戦したいです。

☆あらすじ☆
『ミミズクと夜の王』紅玉いづきが贈る、極上のファンタジー。
「あなたを愛するために、ここまで来たんだもの」
黒い海を越え、呪われた島にやってきた美しい少女、シュガーリア。今は滅びた死霊術師の忘れ形見である彼女が出会ったのは、大罪人の男、ヨクサルだった。彼は無数の罪をその身に刻み、背負う悪魔は、『孤独を力にかえる』という──。
「あんた、何様のつもりだ」
「わたしはシュガーリア。この世界で最後の……死霊術師の孫娘よ」
愛など知らない男と、愛しか知らない少女が出会った時、末路を迎えたはずの物語が動きはじめる。
水銀糖の少女の、命をかけた最後の恋は、滅びの運命に抗うことが出来るのか。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪魔の孤独と水銀糖の少女/紅玉いづき