緑の扉は夢の入り口 第一の夢の書/ケルスティン・ギア

緑の扉は夢の入口 (第一の夢の書)
緑の扉は夢の入口 (第一の夢の書)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
「時間旅行者(タイムトラベラー)の系譜」のケルスティン・ギアの新作FT三部作が開幕。

全ての始まりは、墓地に集まり不気味な儀式を執り行うイケメン4人組の「夢」。
これはただの夢なのか?それとも違う何かなの?
4人組は何をしているのか、どんな秘密を抱えているのか、そしてこれから何が起こるのか。

ユーモア弾ける語り口は楽しく、夢と現実が交錯する謎多き物語に好奇心を刺激され一気読みでした。
謎と秘密に目を輝かせながら、ツンとすました猫みたいな主人公もチャーミング。
気になる彼の存在に振り回されつつ、ひとり懸命に謎を追う主人公の冒険から目が離せません。
三部作となる物語は1巻時点でとても面白く、この先にどんな展開が待っているのか楽しみです。
ああ、はやく2巻が読みたい!

☆あらすじ☆
母親と妹と一緒にロンドンに引っ越してきたリヴ。いきなり投げ込まれた新しい家族(母親の恋人一家!)と新しい学校に、必死で溶け込もうとする毎日だ。そんなある晩見た妙にリアルな夢の中で、リヴは学校の人気者、美形揃いの男子四人組に遭遇する。長い廊下に、たくさんの扉が並ぶ夢の世界。扉を開けるとそこは……墓地!? 夢の中とはいえ、なんで彼らはよりによって墓地にいるのだろう……。〈時間旅行者の系譜〉三部作で人気の著者の、新シリーズ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 緑の扉は夢の入り口 第一の夢の書/ケルスティン・ギア