2018年4月の読書記録と面白かったラノベ

5月です。GWをいかがお過ごしでしょうか(今日は平日ですが)

さて、今月から読書記録記事にオススメ作品を列挙することにしました。記事タイトルも変えています。
月間オススメ記事を作る余裕がないことに対する苦肉の策で、ぶっちゃけ単なるメモ書きなのですが(´・ω・`)

というわけで、先月の読書記録から。

4月の読書メーター
読んだ本の数:25
読んだページ数:6896
ナイス数:333

相変わらずソシャゲに時間を取られつつ、読了数20は越えたしブログもそこそこ更新できたので、うん、悪くない一月でした。

そんな4月に読んだ本の中で特に面白かったのは、以下の6作品。

『オミサワさんは次元が違う』(桐山なると著/ファミ通文庫):感想リンク
『それでも異能兵器はラブコメがしたい』(カミツキレイニー著/スニーカー文庫):感想リンク
『異世界拷問姫6』(綾里けいし著/MF文庫J):感想リンク
『さくら花店 毒物図鑑』(宮野美嘉著/小学館文庫キャラブン!):感想リンク
『額を紡ぐひと』(谷瑞恵著/新潮社):感想リンク
『レッド・クイーン2』(ヴィクトリア・エイヴヤード著/ハーパーBooks):感想リンク

なかでも『異世界拷問姫』を熱く推したい!
怒涛のクライマックスを迎えたはずが、まだまだ地獄はこれからだという衝撃のダークファンタジー。今後も期待しかありません。

 

続きを読む 2018年4月の読書記録と面白かったラノベ