バスカビル家の狗1/糸宮むぎ


バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)
バスカビル家の狗 1 (オーバーラップノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
ニートな侯爵家次男坊が、王女の近衛騎士となることから始まる主従ファンタジー。
低い自己評価と周囲の高評価の乖離が激しすぎる主人公。
そんな彼の、マニュアルを手放せないコミュ障っぷりと周囲のズレを楽しむ作品だと思います。これだけのハイスペックで何故そんなに自分に自信がないんだ・・・?と戦慄すること間違いなしです。
小動物みたいに可愛い王女と、少しずつ騎士としての自覚を芽生えさせていく主人公の関係も最高に好みでした。
惜しむらくは世界観・設定の微妙な緩さなのだけど、うーん、これは後で何かフォローがあるのかな・・・?

☆あらすじ☆
――我が身命を貴女へ賭す
父は王国宰相、母は前国王妹、兄は宮廷魔術師。
名門フォーマルハウト侯爵家は、代々バスカビル王家に仕えてきた一族である。
次男であるワイスもまた、史上最年少で最難関の特務級魔術師試験を突破し、学院時代は常に主席で生徒会長も務めた俊英。
誰しもから将来を有望視されていたワイスはしかし、王立学院を卒業後、就職先が見つからず――ニートとなった。
日々をぼんやりと過ごしていたワイスだったが、『親の七光り』で半ば強制的に庶民出自の第二王女・アメリアの近衛騎士を務めることに。
自己評価が低いワイスは、家族から授かった『会話応答集』を手にアメリアと対面を果たすが――
「本日よりアメリア様の近衛を務めさせて頂きます、ワイス・フォン・フォーマルハウトです」
なぜかアメリアは顔を赤く染めるばかりで……?
自分の顔が怖いからだと勘違いするワイスの前途多難な先行き。
――果たしてワイスは首にならずに職務を全うすることができるのか……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

王立学院卒業後、就職もせずに自宅でぼーっと過ごしていたフォーマルハウト侯爵家の次男坊・ワイス
ニート状態の彼に父が持ち込んできたのは第二王女アメリア・バスカビルの近衛騎士の職。コミュニケーション能力に自信がないワイスは父兄お手製の「こう言われたら、こう言え」応答集を頼りに慣れない騎士業に励むことになるのです。
そうした日々の中、王女襲撃事件から始まる陰謀に巻き込まれ―― というのが本作の大まかな流れとなります。

 

この主人公、とにかく自分に自信がない人です。
というより、自分に期待していないのかな?
「矮小な僕」って何度も繰り返す(詠唱にまで含まれてる!)レベルの自己評価なのだけど、学院首席・生徒会長・難関資格合格・「怖いほど綺麗」な顔、などなどスペックの高さは揃い踏み。
これで謙遜とか嫌味なレベルなのに、本人はいたって真面目に「自分なんか・・・」という思考の持ち主なのです。

 

ここまで自己評価が低い原因は何だろう?
何か過去にトラウマでもあったのでしょうか。
途中で「僕が挫折を知らない?寧ろ挫折しか僕は知らないはず」と考えるシーンがあるけれど、特に具体的なエピソードはないので設定だけが浮いているようにも感じました。この辺は後で補足エピソードがあったりするのかな?
うーん、巻末の番外編で兄や王子の戯言を真に受けた的な話があったけれど、それだけが理由なら、何というか、お兄ちゃん達のせいかよ!って罵りたくなるというか・・・・・・でもそれだと「挫折」と言うにはしょぼい気も・・・・・・

 

まぁ、そのへんは次巻以降に期待するとして。

 

この作品は、そんな自己評価の低いワイスと、彼を高く評価する周囲とのギャップを楽しむ作品だと思います。
ワイスの目からは謎の言動や反応を見せる人々も、第三者視点でみれば内心は一目瞭然。
むしろここまで慕われているのに何故気づかないのでしょうか。一周まわってワイスが可哀想になってきます。
たぶんワイスって他人にあまり興味がないですよね。
応答集丸暗記できるほどの記憶力はあっても5年間学友だった相手の名前はうろ覚えだったりとか。自分を呼ぶ歓声が全く耳に入らず上の空なところとか。
もっと人に興味があれば自己評価も上向いただろうに。負のスパイラルに一人でハマってる残念なハイスペイケメンです。

 

ただ、そんなワイスだから、アメリアに対して騎士としての自覚を芽生えさせていく様子にニヤニヤしてしまいました。
流されるように就いた騎士だけど、次第に自分から「アメリア様を守りたい」ってなっていくとか、もう王道騎士物語って感じで大好物!
アメリアの震える子犬みたいな懐き方も可愛いんですよね〜。
一生懸命ワイスに話しかけてるのが可愛すぎて死にそう。守りたいこの笑顔ってなる気持ち超わかる・・・!

 

あと、キャラで言えば個人的にワイス母が一番のお気に入りだったりします。
氷のツンデレで、可愛いもの好きで、マニュアルに分かりやすいよう顔文字を描いてくれるお母様。
最高にヒロインなキャラしてると思うのですが???
お母様とお父様の過去編が読みたい!

 

そういうわけでキャラ関係はすごく好みな作品だったのだけど、一方で世界観には少し引っかかるところも。
「不思議の国のアリス」などをモチーフとしたメルヘンな親和獣は良いんです。可愛かったし。
ただ、うーん、異世界にはないはずの単語がポンポン出てくるのは、うーん・・・・・・
「マンハッタン」とか「スカイダイビング」とか、たくさんのカクテルの中でなぜあえてそれを選んだし・・・・・・せめて「知らぬが仏」のときのような言い訳がほしかった・・・・・・
それか「知らぬが仏」は古代の宗教由来らしいので、実は異世界と見せかけて遠未来の世界だったりするのかな?伏線??

 

まぁ、とりあえず様子を見ましょう。
全体的には好きな話なので、続きに期待します。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。